SRAMのシングルスピードタイプ ブレーキレバー

リムブレーキはなくなるの?これからはディスクブレーキの時代?


フロントディスクブレーキ

これからはディスクブレーキの時代!!

と、よく言われます。

 

マウンテンバイクはけっこう前から、売られているほとんどのものがディスクブレーキですが・・・

人気の自転車カテゴリーである「ロードバイク」にも、どんどん、ディスクブレーキが採用されています。

まるでこのままだと、キャリパーブレーキやVブレーキは駆逐されて、
すべての自転車がディスクブレーキ車になるのでは?・・という勢いです。

 

しかし・・・ディスクブレーキは、本当に、これからのスタンダードになるほど最強なのでしょうか?

そして、キャリパーブレーキ・Vブレーキといった、リムブレーキは、
このままいずれはなくなるような、微妙なものなのでしょうか?

 

私自身はこのあたりを、じっくりと考えた上で・・

結局「リムブレーキ」のほうをずっと使っている、リムブレーキ派です。

 

なのでこの記事では、リムブレーキのメリット・デメリットは?

リムブレーキってそのうち、なくなるの?

そんなところを解説していきます。

リムブレーキは「輪行」に強い!

リムブレーキが有利な理由って、なに?

まず・・圧倒的に、輪行がしやすいです。

 

ディスクブレーキロードバイクが流行ってきたときに、ディスクブレーキでも輪行できるか?が、けっこう話題になりました。

私もディスクブレーキ車での輪行作業をさせてもらったりしてはいたのですが・・・

やはり、Vブレーキなどのリムブレーキ車と比べると、手順も増え、気を使うところも多いので、やりにくいと思いました。

 

いちばん気になったのはやはり、ぶつけると歪むリスクがある・・というところです。

そう簡単に歪みはしないと言われているものの、
たとえば飛行機輪行で預けている間など、強打してしまう可能性はあるでしょう。

 

そしてぶつけて曲がってしまうと、まあ、手で曲げ戻せるかもしれませんが・・

基本的には、専用工具で曲げ直さないといけないです。

専用工具はけっこう重いので、なかなか持ち歩けるものではなさそうで、
ちょっと、扱いにくいな・・と思います。

 

もしくは「油圧式」の場合ですと、エア入りのリスクもありますし、
万一、ホースが破損でもしたらその場ではリカバリー不可能です。。

 

 

対して、リムブレーキはとてもシンプルですので、
トラブルのことをほとんど気にせず、気軽に輪行ができます。

実際、何度も輪行しましたが、トラブルはほぼ起きませんでしたし・・

万一、ブレーキをぶつけて歪めてしまったりしても、
その場でさくっと修正できますので、問題ないです。

 

と、ディスクブレーキとVブレーキを比べてみて、Vブレーキのメリットとしてまず挙げたいのが、
この「輪行における有利さ」です。

「制動力」は、雨じゃなければそんな変わらない

ディスクブレーキはリムブレーキよりも、制動力が強い!

というのは、よく言われることなのです。

 

そして私自身もここが気になって、リムブレーキ・ディスクブレーキの自転車を乗り比べたりしたのですが・・

少なくとも私が比べてみた限りでは、リムブレーキもディスクブレーキも、
「晴れの日」では、制動力に大した差はないと、感じました。

 

製品のグレードなどにもよるでしょうが・・・

基本的に、キャリパーブレーキでも、Vブレーキでも、ディスクブレーキでも、
ちゃんとブレーキを握れば、短い制動距離でちゃんと止まってくれます。

 

しかし・・「雨の日」になると、ディスクブレーキの圧勝に変わります。

 

リムブレーキだと雨の日だと、ブレーキがリムの上をするする滑ってしまうので、
晴れた日に比べればかなり、止まりにくくなります。

しかし・・ディスクブレーキは雨の日でも晴れの日でも、制動力はほぼ変わらないです。

変わらず指一本の、軽い力でぎゅっと止まってくれます。

 

泥だらけのオフロードとかを走らない場合は・・

この「雨の日でもきっちり止まる」が、ディスクブレーキのいちばんのメリットだと思います。

 

しかし・・「リムブレーキ x 雨の日」であっても、晴れの日よりは落ちるものの、
まあ、じゅうぶんな制動力はある・・とも思いました。

ここは例えば「アルテグラ」「デュラエース」といったハイグレードなブレーキゴムを使ったり・・
とか、そういった工夫でレベルアップはできますし・・

たとえば調整で「ブレーキシューの幅」を狭めて、ブレーキの効きそのものを上げたり・・と、
そういった工夫も有効です。

 

そもそも・・自転車のブレーキに「ホイールがロックする以上」のブレーキ力は、必要ありません。

ロックする以上のブレーキ力があったとしても、制動力にはまったく関わりはありませんので。

そして「リムブレーキ x 雨の日」でも、ロックする程度のブレーキ力は、がんばれば出せますので・・
まあ、リムブレーキでもコンディションを問わず、じゅうぶんなブレーキ力はあるのでは・・と思いました。

リムブレーキって今後、なくなるの?

と、リムブレーキのディスクブレーキと比べての特徴は、こんな感じなのですが・・

 

それでは・・リムブレーキって今後、完全になくなってしまうの?

ロードバイクやクロスバイクはすべて、ディスクブレーキになっていくの?

 

たとえば「マウンテンバイク」の世界では、ディスクブレーキには圧倒的!と言えるほどのメリットがあります。

泥でドロドロに汚れても、しっかり制動してくれますし・・

オフロードは難易度が高いので、緻密なブレーキコントロール性能も効いてきます。

 

ディスクブレーキにはそういった「オフロードならでは」のメリットがたくさんありますので・・

リムブレーキはオフロードの世界ではほとんど、駆逐されてしまいました。

現代ではマウンテンバイク、シクロクロスといったオフロード系自転車は、
ほぼすべてがディスクブレーキ仕様ですよね。

 

じゃあ今後、ロードバイクやクロスバイクといった・・いわゆる「オンロード自転車」においても、
ディスクブレーキが全てになっていくのでしょうか?

リムブレーキは、過去の遺物になってしまうのでしょうか?

 

リムブレーキが変わらずメインで、しかし3割くらいはディスクブレーキが入ってくる

あくまで、ものすごくざっくりした、個人的な予想にはなりますが・・

ロードバイクやクロスバイクの世界では、そんな感じになっていくのかな、と思います。

 

そもそも・・ロードバイクの世界では、特にレースの世界では「軽量化」がすごく大事です。

そしてディスクブレーキは、リムブレーキより重いです。

なので超重要な「軽さ」をおいてまで・・ロードバイクレースの世界で、ディスクブレーキが全面採用される!
なんてことは無いのでは?と思います。

 

そしてロードバイク・クロスバイクの業界は、「レースの世界の影響」をすごく受けます。

実際、ロードレースでディスクブレーキが使われてきてから、
一般的なロードバイクにも、ディスクブレーキモデルが浸透してきましたし・・

 

なので、ロードレースの世界ではリムブレーキはずっと消えないと思われて・・

そうであれば、一般的なロードバイク・クロスバイクの世界からも、リムブレーキは消えないのでは?

と、そう感じます。

 

この記事ではリムブレーキって、そのうちなくなるの?をテーマにお話ししてみました。

 

関連記事
自転車のブレーキが効かない・・を、解決する「アイテム選び」や「調整の方法」などを解説しています。

 

ブレーキに関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ