Vブレーキなどのリムブレーキはもうオワコン?これからはディスクブレーキの時代なのか?


フロントディスクブレーキ

これからはディスクブレーキの時代!!

 

・・・と、よく言われます。

 

マウンテンバイクはけっこう前から、売られているほとんどのものがディスクブレーキですが・・・

人気の自転車カテゴリーである「ロードバイク」にも、どんどん、ディスクブレーキが採用されています。

まるでこのままだと、キャリパーブレーキやVブレーキは駆逐されて、
すべての自転車がディスクブレーキ車になるのでは?・・という勢いです。

 

しかし・・・ディスクブレーキは、本当に、これからのスタンダードになるほど最強なのでしょうか?

そして、キャリパーブレーキ・Vブレーキといった、リムブレーキは、
このままオワコンになってしまうような、微妙なものなのでしょうか?

 

私の結論から言いますと、ロードバイクやクロスバイクにおいては、
リムブレーキも、ディスクブレーキと変わらないくらい良いものだと思います。

 

マウンテンバイクでは、汚れても制動力が高い、コントロール性が高い・・といった圧倒的メリットがありましたので、
すでにリムブレーキは、ほとんど駆逐されてしまったのですが・・・

ロードバイクやクロスバイクなどの自転車では、
キャリパーブレーキ・Vブレーキには、ディスクブレーキなどの自転車と比べても有利な点がたくさんあり、
私もその有利な点が気に入っているので、所有する自転車は結局すべて、リムブレーキのものになっています。

 

リムブレーキが有利な理由なのですが・・・

まず、圧倒的に、輪行がしやすいです。

 

ディスクブレーキロードバイクが流行っってきたときに、ディスクブレーキでも輪行できるか?というのは、
けっこう話題になりましたし、
私もディスクブレーキ車での輪行作業をさせてもらったりしてはいたのですが・・・

やはり、Vブレーキなどのリムブレーキ車と比べると、手順も増え、気を使うところも多いので、やりにくいと思いました。

 

いちばん気になったのはやはり、ぶつけると歪むリスクがある・・というところで、
そう簡単に歪みはしないと言われているものの、
たとえば飛行機輪行で預けている間など、強打してしまう可能性はあるでしょう。

そしてぶつけて曲がってしまうと、まあ、手で曲げ戻せるかもしれませんが、
基本的に専用工具で戻さないといけない・・ということで、
ちょっと、扱いにくいな・・と思います。

油圧式ですと、エア入りのリスクもありますし、
万一、ホースが破損でもしたらその場ではリカバリー不可能です。。

 

対して、リムブレーキはとてもシンプルですので、
トラブルのことをほとんど気にせず、気軽に輪行ができます。

実際、何度も輪行しましたが、トラブルはほぼ起きませんでしたし、
万一、ブレーキをぶつけて歪めてしまったりしても、
その場でさくっと修正できますので、問題ないです。

 

 

そしてディスクブレーキはリムブレーキよりも制動力が強い!というのは、よく言われることなのですが・・・

少なくとも私が乗り比べてみた限りでは、リムブレーキもディスクブレーキも、
晴れの日では、制動力に大した差はない・・と、感じました。

 

製品のグレードなどにもよるでしょうが・・・
基本的に、キャリパーブレーキでも、Vブレーキでも、ディスクブレーキでも、
ちゃんとブレーキを握れば、自転車は短い制動距離で、ちゃんと止まってくれます。

 

雨の日だと、確かに、ディスクブレーキの制動力のほうがずっと高いです。

というか、ディスクブレーキは雨の日でも晴れの日でも、制動力はほぼ変わらないんですね。

変わらず指一本の、軽い力でぎゅっと止まってくれます。

 

しかし、リムブレーキ x 雨の日であっても、晴れの日よりは落ちるものの、
じゅうぶんな制動力はある、と思いました。

もし、ずるずる滑って制動力が足りなくなるなら・・・
たとえばブレーキシュー幅を調整して狭めたりして、ブレーキの効きそのものを上げてあげたり・・と工夫をすれば、問題ない感じです。

 

そもそも自転車のブレーキに、ホイールがロックする以上のブレーキ力は、必要ありません。

ロックする以上のブレーキ力があったとしても、制動力にはまったく関わりはありませんので。

そしてどのタイプのブレーキで、どんな天候であっても、
ロックするぎりぎりくらいまでのブレーキ力はあると思いますので、
どのブレーキを選んだとしても「ブレーキ力が足りない!」ということにはならないな、と、個人的には思いました。

 

・・・と、少なくともロードバイクやクロスバイクなどの、オンロードバイクにおいては、
リムブレーキもディスクブレーキに劣るものではないな・・と考え、
輪行をよくする私は、けっきょくメインのロードバイクには、リムブレーキを採用しています。

まあ、もちろん好みもありますし、
雨の日の通勤が多いなど、人によってはディスクブレーキ一択!となることもありそうですが・・・

無理をしてディスクブレーキに買い換えるほどにまで、ディスクブレーキ最強!というわけではないと思われ、
場合によっては、リムブレーキを採用し、リムブレーキの良さを活かすというのもアリなのではないか・・と、思いました。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ