作りがしっかりしたフラットペダル

外れないバーエンドキャップはこれ!ボルトでがっちり固定できます


シマノプロのエンドキャップがついたハンドルバー

ロードバイクで走っていて、信号で停まった時ふと、手元を見ると・・・

 

んん?なんか、違和感・・なんだ?

・・・エンドキャップが無くなってる!!

 

割と、あるあるだと思います。

エンドキャップはハンドルバーに、すぽっとはめるだけの物も多く、
何かの拍子にぽん!と飛んでいって、気づかない・・というのが、よくあるんですよね。。

 

そしてエンドキャップがなくなると、見た目が悪くなるだけでなく、
ロードバイクの場合はバーテープが剥がれてきたり、
場合によってはエンドキャップで覆われていたハンドルのフチの部分で、手を切る怪我をするかもしれないです。

なのでこの記事では、「外れないエンドキャップ」を紹介していきます。

「外れないエンドキャップ」はこれ!

まず結論から言ってしまうと、
この、ボルト留めするタイプのエンドキャップですね。

「シマノプロ」という会社が出しています。

シマノプロのエンドキャップ

(使ったあとのものなので、だいぶ変形していますが、問題なく使えます・・笑)

 

シマノプロの外れにくいエンドキャップ

 

通常エンドキャップというのは、ただ押し込んでぽん、と着けるものが多いのですが・・・

このエンドキャップはボルトを締め込むことで、ハンドルバーの中でプラスチック部分が膨らみ、
がっちがちに固定してくれる構造になっています。

ボルトを締めていないシマノプロエンドキャップ

この、ボルトを締めていない状態から・・・

ボルトを締めたシマノプロエンドキャップ

こう、ボルトを締めることでプラスチック部分が大きくなり、
ハンドルバーに食い込んでしっかり、固定されるわけです。

 

特長としてはもう、これが全てで、
これのおかげでマイナスドライバーを差し込んで外そうとしても、外せないほどの固定力が生まれます。

ましてや自然に抜け落ちてしまうなど、まず考えられないでしょう。

私自身は所有するすべての自転車に、このエンドキャップを使っていて、
もう何年にもなりますが、抜け落ちたことは一度もありません。

 

見た目も個人的には、特に悪くないと思いますし、
いろいろなカラーバリエーションもあります。
(自分としては黒が好きなので、黒ばかり使っていますが・・笑)

 

注意点としては・・「1.5 N・m」という、ちょっと手での再現は難しいような微妙なトルクが指定されていますので、
弱いトルクに対応したトルクレンチがあると、いいと思います。

自転車に使うメインのレンチとしては、「SK11」のトルクレンチが最強だと思うのですが・・・

 

弱いトルクにも対応できる、トピークのトルクレンチ

 

こういう「弱いトルク」を締める場合とか、狭い場所をレンチで締めたい場合とかに役立つタイプのトルクレンチも、
1本持っておくとかなり便利です。

 

そしてロードバイクで、バーテープを巻いたところにエンドキャップを装着するときは、
エンドキャップがなかなか入っていかないことがあります。

なので・・・

 

 

こういう「プラスチックハンマー」を持っていると、エンドキャップにキズをつけずに、
きつい場所にも打ち込むことができて、便利ですね。

小型トルクレンチともども、私がエンドキャップをいじる時に毎回、出動するアイテムです。

 

 

・・と、今回は「外れないエンドキャップ」という選択肢について、お話ししてみました。

これを導入するだけで、いつの間にかエンドキャップが無い・・!を、気にしなくてよくなります。

たいした手間やコストにもなりませんので、
さくっと導入してみてもいいのではないか・・と、思います。

 

関連記事
「ベアリングの回りやすさ」「靴からの滑りにくさ」「ペダル軸の剛性」に優れた、三ヶ島製フラットペダルについて解説しています。

 

23Cから32Cまで、さまざまな太さのタイヤのメリット・デメリットを、実際に使い比べた経験から解説しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ