山ひとつぶんの標高や斜度を、スマホアプリで全体的に把握できる方法


山岳地帯

自転車で、高い山や、ハードな坂を越えるのは、なかなかに大変です。

トレーニングのためあえて坂に挑むのであればよいのでしょうが、
たとえば自転車旅をするとき、予想していない場所で山や坂に出会ってしまうと、
進むのに、予想の何倍もの時間がかかってしまったりします。

 

そのためできれば、走り出す前に、
これから走ろうとしている場所に、山や坂がどのくらいあるのか、
あるとして、どの程度のハードさなのか・・ということを、
ざっくりと把握することができれば、いろいろと便利です。

 

地形や高低差を、おおまかに把握する方法には、いろいろあるのですが・・

現代であればやはり、パソコンやスマートフォンでマップを見ながら検討する方法が、便利だと思います。

Google MapやYahooマップなど、一般的によく使われるマップでも、ある程度の把握はできるのですが・・
これらの地図は、高さや斜度の把握メインで作られてはおらず、そういった情報はあまり見やすいとは言えない、と思います。

 

そのため、山や坂について把握したい場合は、
それに向いたソフトやアプリケーションを使うほうがいいと思います。

たとえば、下のマップは、iPhoneの「Maps 3D」というアプリで、
伊豆から伊東までの道を表示したものなのですが・・

 

Maps3Dキャプチャー

Maps3Dキャプチャー

引用:iPhone用アプリケーション「Maps 3D」
© OpenStreetMap contributors

 

地形を、3Dモデルでわかりやすく表示してくれ、
同時に、指し示した場所の標高もわかるので、
今から自分が向かおうとしている場所が、どの程度の標高や斜度を持つのか、ということが、
俯瞰して、ざっくりとわかります。

しかも、事前にダウンロードした場所はオフラインで表示することもできる、という
なかなかに優れたアプリです。

 

それ以外にも、たとえば「Google Earth」などといったアプリが、
全体を俯瞰するのに向いています。

 

こういう、高さや斜度を「視覚的」に表示してくれるアプリのほうが、
総じて、等高線や高度グラフだけで把握するときに比べて、
全体的な把握をしやすいと思います。

 

実際に自転車で走っているときでも、
止まって、こういったアプリを開けば、
いまからどの程度の坂を上ることになるな・・どのくらいのハードさになりそうかな・・ということが、
直感的にわかります。

 

自転車で、特に知らない場所に行くときは、
ルート検索などで、進む道を調べておくだけでなく、
この記事でお伝えしたようなアプリケーションを使って、「地形」についてもざっくりと調べておくと、
予想よりはるかにきつかった。。はるかに時間を使ってしまった。。ということを、
防げるのではないか、と思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ