自転車に筋力は必要?不要?・・「条件」によって変わってきます!


マッチョなビルダー

筋力は不要!

筋力に頼るな!!

 

・・と、武道とかスポーツとか、いろいろなところで言われていると思います。

筋肉や筋力に頼らず、脱力してスムーズに動けるほうが、
より「レベルが高い」動作だ・・と、されることが多いですよね。

 

しかし・・ロードバイクなどの「自転車」に筋力って、必要なの?

筋肉を鍛えて筋力アップして、パワーを上げる!!
・・って、自転車ではどうなの?

ここは実は、いろいろな「条件」によって変わってきたりします。

「体重」を使えているかどうか

自転車で、前に進むためのパワーソースは、
「体重」と「筋力」のふたつだと思います。

 

筋肉のパワーで、ペダルを回す・・・

体重をかけて、ペダルを回す・・・

どちらも、ありますよね。

 

このふたつの、どっちが上!とかは無くて、
どっちを使うのも、もちろん自由なのですが・・・

このふたつのうち「体重」のほうは、意外と使うのが難しいものです。

 

体重を使うための乗り方・・といったものも、いろいろあるのですが・・・

例えば重心が「後傾」していると、体重はほとんど使えなくなってしまいます。

なので「後傾」を防ぎ、正しい重心位置で乗る方法といったものが、
体重をちゃんとパワーソースにするためには、必要だったりするのです。

 

そしてもし、体重がまったく使えていない場合は、
使えるパワーは「筋力だけ」になります。

もし、そうだとしたら・・・
「筋力=推進力」になりますので、進むためには筋力を鍛えるべき!!となるわけですが・・・

やっぱりそれは、あまり良い状態ではなくて、
「筋力」も「体重」もバランスよく使える状態のほうが、より良いと思います。

 

なのでもしも、「筋力だけで進んでいる」状態なのだとすれば・・・

筋力をトレーニングで鍛えて、パワーを上げようとするよりも、
まずは「筋力」と「体重」をバランスよく使えるようになる・・という方向を追求してみると、
もしかするとより脱力した、筋力だけに頼らない乗り方が実現するかもしれません。

まあ、ここは私自身、目下練習中のところですが・・笑。

すごく速いスピードを、出すかどうか

体重を使うのも大事だ!と、言ってきたわけですが・・・

実はすごく速いスピードを出すときは、パワーソースはほとんど筋力だけになります。

40km/hでの巡航とか、一時的なら50km/hとか60km/hとかいう、いわゆる「レースレベルの速度」ですね。

 

体重というのは、「弱い力を長時間出し続ける」のに向いています。

対して筋力は、「強いパワーを出す」のに向いています。

 

体重をほぼ100%、ペダルに載せ続けることができていたとしても・・・
それだけで60km/hとかいうスピードを出すのは、難しいと思います。

やっぱり、それだけのパワーを出したいのなら、
脚や全身の筋力をおもいっきり使って、しっかりと回すしか無いですよね。

 

なので例えば、競輪やロードレースのスプリントといったレベルのスピードを求めるのなら
しっかりと筋力トレーニングをして、体を鍛えていくべき・・ということになってくるでしょう。

このあたりが、競輪選手やロードレースのスプリンターに、
ごついマッチョ体格の人が多くなる理由だと思います。

 

逆にレースレベルで飛ばしたりはほとんどせず、
「疲れず快適にロングライドする」といった方向を重視する、私のようなタイプであれば・・・

筋力を重視していくよりも、まずは「体重」をいかにうまく使うか?のほうが、
スムーズに進める方向性なのではないか・・と、思います。

「どの筋肉」を使うのか?も重要

自転車で進むのに、筋力を使うとして・・・

「どこの筋肉を使うのか?」というのも、ポイントだったりします。

 

例えば、腕を使ってボールを投げたり、パンチを打ったりするときは、
腕の末端ではなく、「根っこ」のほうを使うほうがいいと言われるはずです。

腕だけではなく、肩甲骨とか、体幹とか、ちゃんとそっちを使うべき・・ということですね。

 

自転車だと重要なのは、腕より脚なわけですが、
脚でもここは、同じだと思います。

股関節の位置

脚の土台といえば、この「股関節」なわけですが・・・

筋肉としては「腸腰筋」とか「ハムストリングス」とかを使って、この股関節を動かす感じがいいと思います。

 

逆につま先とかの末端ばかりを使いすぎると、ふくらはぎがすごく痛くなる原因になったり・・・

もしくは太ももが痛くなる原因になったり、することもあります。

 

なので自転車で筋力を発揮するのは、ぜんぜん良いとは思うのですが、
筋力のなかでもできるだけ「根っこのほうにある筋肉」を使うようにすると、より良いのではないかと思います。

 

 

と、「自転車に筋力は必要か?」についてお話ししてみました。

 

もちろん、筋力はちゃんとあるに越したことはないのですが・・・

個人の趣味レベルで自転車に乗るのなら、いかに「体重」をうまく使いこなすか?を考えるほうが、
日々のライドには役に立つかな・・と、個人的には思いました。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ