マウンテンバイクは旅に向かない?遅すぎる?


森の中のマウンテンバイク

旅用自転車の定番は、ロードバイク!と言われることが多いです。

しかし・・「マウンテンバイクでの旅」も、意外といいものです。

 

マウンテンバイクといえば、オフロード用自転車です。

つまり林道とか、砂地とか、凸凹だらけのマウンテンバイクコースとかを走るときに最強となる自転車ですよね。

 

しかし・・このマウンテンバイクを「旅」に使いたい!ということも、あると思います。

私自身も、やったことはあるのですが・・・
(ガチガチのMTBではなく、幅広バーハンドル・フルリジッドの「MTB風自転車」ですが・・笑)

バーハンドルで、ごんぶとタイヤ、高性能サスペンションで衝撃吸収完璧!のマウンテンバイクを、
オフロード走行とかではなく「旅」に使うと、どうなの?

というのは、もしマウンテンバイクしか持っていないとか、
マウンテンバイクが好きで、旅もやってみたい・・とかいう場合、気になるところだと思います。

 

なのでこの記事では、マウンテンバイクって旅にどうなの?

ロードバイクとか、他の自転車と比べたメリット・デメリットってどんな感じ?

そんなところを考察していきます。

乗り心地は最強!も・・注意点あり

マウンテンバイクは、乗り心地がいいです。

 

これは、個人差があるところですが・・・

太くてエアボリュームのあるタイヤ、衝撃をしっかり吸収してくれるサスペンションをはじめ、
マウンテンバイクには「悪路走破性」を上げるための工夫が、たくさんあります。

 

もちろんそれは、悪路を走るときにいちばん効果を発揮するわけですが・・・

旅で長時間走ったり、ちょっとガタガタした道を走ったりするときにも、
びよんびよんと、振動による体への負担を減らしてくれたり・・

と、「乗り心地」にかなり有効に働いてくれますので、
ガチガチに硬くなりがちなロードバイクに比べて、快適になりやすいのです。

 

 

しかし・・そんなマウンテンバイクにもひとつ、大きな注意点があります。

長時間乗っていると、「手のしびれ」がキツい・・ということです。

 

マウンテンバイクはバーハンドルなので、基本的に、握る場所はひとつしかありません。

さらに手が横向きなので、手が縦向きになるロードバイクなどと比べると、
どうしても、体重が手に掛かりやすいものなのです。

なので何時間も、ずーっと走っていて、ずーっと手に荷重が掛かっていると・・
少しずつしびれてきて、最後には手の感覚がなくなるほどになっていくのです・・・
(経験談です・・笑)

 

しかしここは「バーエンドバー」を使えば、かなりのレベルで解決できます。

もちろん、ご存知の方も多いでしょうが、バーエンドバーは・・

 

エルゴンのバーエンドバー付きグリップ

 

こんな感じの「ツノ」がグリップの外側についていたり、
もしくは、こういったツノを新しく装着したり・・といったものですね。
(ちなみに上のグリップは、私自身が愛用しているグリップです)

 

バーエンドバーを使えば、握れる場所が増えるので、手がしびれてきたら持つ場所を変えればかなりラクになれます。

そして手を「縦向き」にできますので、バーハンドルだけに比べると、手への負担もかなり減らせるのです。

 

私自身、この手のしびれに悩まされたあとに、バーエンドバーを導入したわけですが・・・

バーエンドバーが有ると無いとでは、手の負担・手のしびれが体感で「2倍以上」違うな・・と、
あくまで個人の感想ですが、思います。

 

 

もうひとつ添えるなら、タイヤを「パターンが浅い」ブロックタイヤにしておくと、より良いと思います。

マウンテンバイクは悪路を走るために、深いミゾが刻まれたタイヤが使われていることが多いですが・・・
これは走行抵抗を上げますので、走っていてすぐに減速してしまい「もうイヤだ・・」とか、なりかねません。笑

 

しかしパターンが浅いものなら、走行抵抗をそこまで上げませんし、
ガタガタ道などでの走りやすさも十分にカバーできますので、旅ならそちらのほうが良いと思います。

もしくはいっそ、スリックタイヤに換えてしまう!というのも、
マウンテンバイクっぽさは減りますが、良い選択かも・・と思います。

 

 

旅といえば、ロードバイク、ランドナー、スポルティーフといった、
ドロップハンドル系自転車が定番だ!と、言われることが多いですが・・・

バーエンドバーで旅仕様に!といった、「旅向けにする工夫」をちゃんとしていけば、
マウンテンバイクもじゅうぶん、旅で優秀な自転車にできるのではないか・・と思います。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ