ミニベロは旅に便利?それとも微妙?よく使うので解説します!


海沿いのブロンプトン

旅に最強なのは、ロードバイクです。

 

と、よく言われていますし、正解のひとつだと思います。

そしてロードバイクのホイールは、自転車のなかでも最大クラスですので、
慣性がはたらいてスピードに乗りやすく、減速しにくいので長距離でも疲れにくい・・というのが、あると思います。

 

 

なら・・「ミニベロ」って、どうでしょうか?

 

ミニベロは言わずもがな、ホイールが小さい自転車です。

ロードバイクがだいたい27インチくらいなのに対して、
ミニベロは車種にもよりますが、20インチとか、16インチとか、そのくらいのものが多いと思います。

そしてそのくらい違うと、ロードバイクとホイール面積で2倍とか、そのくらいの差が出てきます。

 

そしてミニベロとロードバイクの、明確な違いはそのくらいですね。

最近だとミニベロでも、ロードバイクくらい軽量なものも、タイヤが細いものも多いですし、
車種にもよりますが、ホイールサイズ以外はロードバイクとそこまで変わらないと思います。

 

なのでミニベロは旅にどうか?というのは、
「小さいホイール」は旅にどうか?と言うのと、ほぼ同じだと思います。

 

 

では、小さいホイールの自転車は旅に、どうなのでしょうか?

「街中メイン」なら、ロードバイクより優秀

個人的にいろいろ試してみて、そう思いました。

 

ホイールが小さいことの最大のメリットは、機動性です。

右に左に、素早くひらひらと動き回れる・・ということですね。

さらにホイールが小さく、自転車としての幅が狭い・・という要素もあります。

そしてこういった特徴が、街中とか、混雑した場所を走るときにすごく良いのです。

 

旅の最中にはもちろん、街や観光地など、混雑する場所を走ることは多いです。

具体的には、たとえば京都で寺巡りをしようとしたら、修学旅行の学生たちがたくさんだったりとか・・笑

そうでなくても、自転車で走ろうとするエリアに歩行者とか、クルマとかがすごく多いようだと、
ロードバイクよりミニベロのほうが、速く移動できることが多いです。

なので旅において、そういう場所を走ることが多いのなら、
ミニベロはむしろ、ロードバイクのようなフルサイズ自転車よりも有利だと思います。

 

逆に・・言わずもがなかもしれませんが、
「直進し続ける」能力は、ロードバイクよりもだいぶ低いです。

ホイールが小さいと慣性が働きにくいですので、これも当然ですね。

 

どのくらい低いのか?なのですが・・・

ここもケースバイケースで、一概には言えないものの、
私の場合は18インチくらいのミニベロで、巡航速度でロードバイクの8-9割くらいになるかな・・と感じました。

 

もちろん、大きな差と言えば大きな差なのですが、
逆に言えば「その程度の差」ではありますので、まあ、ミニベロもアリ!ではあるんだろうと思います。

 

ミニベロにはもちろん、「輪行がしやすい」といったメリットもあります。

折りたたみ自転車ならさらに、輪行のしやすさは圧倒的ですね。

実際私としては、旅に最強の自転車カテゴリーは「折りたたみ自転車」だ、と思っています。

なので輪行を多用する場合には、ミニベロでさらに「優れた折りたたみ機構がある」自転車だと、より良いかもしれません。

 

今回はミニベロって、旅にどう?というテーマでお話ししてみました。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ