地図表示できるガーミンウォッチ

KMLとは?GPXとは?違いや、変換する方法は?


古地図

KMLファイルって、何?

GPXファイルって、何?

 

・・「KML」と「GPX」はそれぞれ、自転車などで走るためのルートデータ・・

もしくは観光地などの地点を示すスポットデータに、よく使われるファイル形式です。

これらのファイルをたとえばスマホに読み込むと、地図上にルートを表示できたり・・とか、そんな感じのものですね。

 

この2形式はかなり似た性質のもので、セットで語られることも多いです。

ナビ用のデータとしては、2大形式と言えるようなものですね。

 

そしてKMLやGPXというのは、具体的にどんなデータなの?

というのは、よく持たれる疑問のようです。

ナビにGPXファイルを入れればいいと書いてあったけど、それって何なの?みたいな・・

 

私自身はもうずっと、自転車のルート作成やナビの用途に、KMLやGPX形式のファイルを使い続けています。

なのでこの記事では、KMLやGPXって、いったい何?

 

成り立ちとか歴史とか、そのあたりを書きだすとごちゃごちゃしますので・・

この記事ではそういうのを省いて、実用にかかわる部分メインで解説していきます。

KML・GPXとは、何?

KMLファイル、GPXファイルとは・・

スポットやルートの「座標データ」が含まれた、テキストファイルに似たファイル

少しズレるのを承知で、一文にまとめてしまうと、こんな感じだと思います。

 

KMLファイル・GPXファイルはそれぞれ、テキストエディタで開くことができます。

 

例えば、いくつかの地点データが入ったKMLファイルを、テキストエディタで開いてみると・・

KMLをテキストエディタで開く

こんな感じになります。

赤い四角で囲んだ部分に、経度・緯度つまり地点の「座標」が含まれていますね。

 

このファイルを例えばスマホに読み込むと、地点名とか、地点座標といったものが読み込まれて・・

地図上にぱっと、地点が表示されるわけですね。

 

「ルート」に関しても・・

GPXをテキストエディタで開く

例えば、自転車で走るためのルートが入った「GPX」ファイルをテキストで開くと、こんな感じになります。

こちらはぱっと見でわかるくらい、座標だらけですよね。

この座標の羅列が、スマホなどで読み込んだときに、「ルート」となって表示されるわけです。

 

実際、これらファイルの地点名や地点座標を「編集」すると、読み込んだとき表示される地点も変わります。

なのでKMLやGPXは、地点やルートの座標情報をたくさん含んだ、テキストファイル的なもの!

と考えて、大きな間違いはないのでは・・と思います。

KMLとGPXの違いは?

それでは・・KMLとGPXって、どんな違いがあるの?

 

ここも、主観を含んでしまいつつ、ざっくりとまとめますと・・

KMLは「グーグル系」ツールを中心とした、「スポット」メインの形式

GPXは「ガーミンなど、一般的なナビ系」を中心とした、「ルート」メインの形式

と捉えて、大きな間違いはないと思います。

 

まず・・KMLはグーグルの「グーグルアース」から始まった形式のようです。

そしてグーグルマップの「マイマップ」とかも含めたグーグル系サービスで、デフォルトの形式として使われていることが多いです。

グーグルといえばKML、みたいな感じですね。

 

そしてグーグルは「スポット」「ルート」のどちらに強いか?

といえば、「スポット」データに強いです。

これはまあ、グーグルマップで観光地などの地点を指定していく・・とかをイメージすると、わかりやすいかもしれません。

 

実際に・・たとえばスマホ版のグーグルアースには、KML・GPXファイルのうち、KMLしか読み込めなかったりします。
(仕様変更などにより、変わるところかもしれませんが・・)

そして、これもいろいろ使ってみると分かるかもですが・・
「スポット」データが入ったKMLファイルのほうが「ルート」が入ったものよりも、アプリで読み込んだりなど、うまく使えることが多いです。

 

と、KMLはグーグルを中心に、スポットデータメインで使っていくタイプなんですね。

 

 

対してGPXは「ガーミンなどの一般的ナビデバイスで、ルートメインに」使う形式です。

 

GPXのほうがKMLよりも、昔からある形式なのですが・・

これは以前よりガーミン、SUNNTOなどなど、さまざまなナビで使われてきました。

 

用途としてはたとえば、登山用ルートだったり、自転車用ルートだったり・・ですね。

そしてこういったデバイスでは「ルート」がメインですので、
GPXは地点データというより、ルートデータの色が濃くなっています。

 

実際に、例えばガーミンウォッチ・ガーミンの自転車ナビ・・といったガーミンデバイスには、
GPXファイルはインポートできて、KMLファイルはインポートできなかったりします。

 

と、GPXファイルは「昔からナビに使われている、ルート表示に適した形式」と言えると思います。

KMLやGPXの作り方、変換などの運用方法

それでは・・KMLファイルやGPXファイルは、具体的にどう作ればいいの?

そして例えば、使いたいデバイスがGPXしか対応していないけど、KMLしか持っていない・・
なんてときは、変換できるの?

というところが実用上、気になるところだと思います。

 

そしてまず、これらファイルの作り方は、

 

ルートやスポットの表示に使える「GPXファイル」の作り方を解説しています。

 

例えば上の記事で、「GPXファイルの作り方」として解説しています。

 

要は、ガーミンコネクト、Strava、グーグルマイマップなどなど、ご自身の気に入ったサービスでデータを作ればいいわけですが・・

最近のツールはほとんどが、KML・GPX両方でのファイル出力に対応していますので、
ファイルを作ることさえできれば問題なく、どちらの形式でもファイル化できると思います。

 

 

そして、例えばKMLファイルしか持っていないんだけど、使いたいデバイスがGPXにしか対応していない・・

なんて場合は形式の「変換」をしないといけないのですが、
これは変換サービスがいろいろ有りますので、それでできると思います。

 

たとえば「kml gpx 変換」とグーグル検索でもすれば、オンラインツールがたくさん出てきますね。
(サービスは終了が多いですので、ここでは具体的なサービスは挙げないでおきます)

使い方としても普通にファイルをアップロードすれば、変換してダウンロードできるはずです。

 

 

と、この記事ではKML・GPXファイルの違いや、変換する方法といったテーマでお話ししてみました。

 

関連記事
優秀アウトドアウォッチの「ガーミンウォッチ」を、ロードバイクのナビに使うためのノウハウを解説しています。

 

誰もが知るアップルウォッチを、ロードバイクのナビに活用する方法を解説しています。

 

ナビゲーションやナビ用デバイスに関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ