自転車の鍵が開かないなら、その場で「破壊」するのが良いかも


黒い鍵の鍵穴

もしかすると、この記事を開かれたあなたは、
今まさに、開かない鍵の前で焦っている最中かもしれませんので・・・

真っ先に、結論から書いていきます。

 

自転車の鍵が、どうしても開かないのであれば・・・
その場で、その鍵を破壊してしまうのが、いちばん手っ取り早い解決方法かもしれないです。

 

鍵を開けられなくなってしまったときに、とれる行動は、いくつかあります。

 

◇ とりあえず、自転車をまるごと「回収」する(地球ロックしていない場合のみ)

◇ カギの救急車など、「鍵専門店」に出張対応を依頼する

◇ 「自転車屋」に連絡し対応を依頼する

◇ 「警察」に連絡し対応を依頼する

◇「スペアキー」を使って鍵を開ける

そして、◇鍵を破壊する・・・あたりでしょうか。

 

もし、スペアキーがポケットにある、家のすぐ近くでとりあえず持ち上げて回収できる・・とかなら、それでさくっと解決すると思います。

しかしその場合は、すぐに解決しているはずですので、この記事を訪ねはしていないはずです(笑)

 

そして、鍵専門店・自転車屋・警察といった、対応してくれる人などにお願いする方法ですが・・

こっちは、かなり、コストが高くなります。。

鍵専門店などに出張してもらうと、お金もかかりますし(数千円から一万円くらいかかることが多いようです)、
警察に来てもらうのは、お金はかからないかもしれませんが、普通は、かなりの心理的抵抗があるはずです。

 

そして、「鍵をなくしてしまった」トラブルは、
鍵を破壊することができれば、その場で解決できます。

もちろん、その鍵は使えなくなるので、損はするのですが・・・
出張してもらうよりは、安いことが多いです。

 

鍵を破壊することにした場合、
具体的にどう、壊すのがいいかなのですが・・・

 

もし、ワイヤーロック以下の頑丈さの鍵なのであれば・・・

ボルトクリッパーを使えば、ほぼ確実に破壊できます。

ボルトクリッパーのイラスト

ボルトクリッパーというのは、上の画像のような工具で、
鉄製のボルトの切断などに使われる、強力な工具です。

ボルクリ、とか呼ばれることも多いですね。

ものにもよるのですが・・たいていのホームセンターなどに置いていると思いますし、
値段的にも、だいたい1500円とか、2000円とか、そのくらいで手に入ります

 

あまり大型のものだと運びにくく・使いにくくなりますので、
選ぶなら小型のものでも、じゅうぶんだと思います。

 

そして、ボルトクリッパーを使えば自転車の鍵のほとんどは、かんたんに破壊できます。

 

私は、ワイヤーロックの鍵を無くしてしまい、道路上で立ち往生したことがあり、
実際にホームセンターでボルトクリッパーを調達してきて、破壊したことがあるのですが・・・

そこそこの太さのワイヤーだったはずなのですが、
ボルトクリッパーではさみこみ、ちょっと力をかけると、さくっ・・といきました。

いろいろな事例もみてみても、ほとんどのワイヤーは、ボルクリでいけるようですね。

 

もちろん、ペンチでいけるような鍵なら、ペンチで壊してもいいのですが・・・

ワイヤーロックくらいまでの鍵なら、ボルトクリッパーを調達しさくっとやってしまうのが、いちばん早いと思います。

 

 

しかし・・・この、「ボルトクリッパーで破壊」が使いにくい状況が、
ふたつ、あります。

 

ひとつめは、「防犯登録していない」状況、ですね。

ボルトクリッパーで、自転車の鍵を壊そうとしている絵は・・・
はたから見ると、自転車泥棒に見えてしまったとしても、おかしくはないものです。

運悪く警官が近くを通ったら、声をかけられるかもしれませんし、
通報される可能性もあるでしょう。

 

万が一、そうなったとしても、防犯登録をしていたらまず問題ないと思います。

自分自身がその自転車を所有していて、その鍵を壊そうとしているだけだ・・と、証明できますので。

しかし防犯登録をしていないと、なかなか、自分の自転車だと証明できず、
最悪、署に連行されてしまったり、冤罪になってしまったり・・という可能性が、ゼロではないと思います。

 

防犯登録は義務ですし、もし自転車屋に断られたとしても、しかるべき方法を使えばちゃんとできますので、
ちゃんとやっておくことを、おすすめします。

 

もうひとつは、ワイヤーロック以上の鍵を使っている場合、です。

具体的には、U字ロックとか、多関節ロックとか、そういう鍵です。

 

製品にもよるのですが・・・
U字ロックや多関節ロックは一般的に、ワイヤーロックよりも頑丈です。

なかでも、最強クラスのU字ロックは、最大サイズの巨大なボルトクリッパーでも破壊できないほどだったりします。

 

こういう鍵は、自転車泥棒から強力に自転車を守ってくれるのですが・・・

鍵をなくした場合は、自分も、どうしようもなくなってしまうのです・・笑

ディスクグラインダーといった、超強力な電動工具を使えば、破壊は可能なのですが、
これは爆音と火花が散りまくるようなシロモノですので・・ちょっと、往来では使えないでしょう。

そのためU字ロックや多関節ロックを使っている場合は、ボルトクリッパーによる破壊は、難しいと思います。

 

 

もし、破壊するのが難しい鍵を使っていたり、
破壊できないような状況だったり、という場合についてですが・・・

 

「スペアキー」が、もし使える状況なのなら、使いましょう。

 

もし、スペアキーを常に持ち歩いているのなら、
この記事を読むまでもなく、即座に、解決できますよね(笑)

私もスペアキーは一本、常に持ち歩いていますし、
かなりのリスクヘッジになるので、持ち歩くことをおすすめします。

 

そして、持ち歩いてはいなかったとしても・・・
家にあるのであれば、いちど帰って、持ってくるのがいいでしょう。

たいていの鍵には、スペアキーがついています。

鍵が一本だけ、ということは、なかなか無いでしょう。

 

鍵がついたままの自転車をそこに放置し、家にいちど帰り、
スペアキーを持ってくることができるのなら・・
さくっと、解決しますので、持ってくることをおすすめします。

どこに置いたかわからなくなったとしても・・・
捨てていないのなら、探せばどこかに、あるはずです(笑)

 

そして・・・スペアキーが無い!という場合でも・・・

場合によっては、メーカーに依頼し作ってもらうことが、できるかもしれません。

 

たとえば、頑丈な鍵メーカーの定番である、「ABUS」や「Kryptonite」であれば、
鍵の購入時についてくる「キーコード」がわかれば、新しい鍵の作成をメーカーに依頼できるようです。

もちろんその場合は、海外から送ってもらうことになるので、時間はかかり、
そのあいだは自転車を放置することになってしまうので・・・

この方法は、U字ロックや多関節ロックなど「ボルトクリッパーで壊せない」レベルの鍵で、
どうしても解決できないときの最終手段、となってくるでしょう。

 

 

・・・と、私自身も、自転車の鍵をなくしてしまったことはあり、
その、すごく焦る感じとかは、わかるつもりなのですが・・・

まずは「破壊する」方法と、そしてそれが難しいのなら「スペアキーを使う」方法とを、まず検討するのがいいのではないか、と思います。

そして、それが無理な状況なら、鍵専門店の出張鍵開けサービスなどを考える・・というのが、
一番スムーズに進むのではないか、と思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ