自転車の鍵が壊れた!直す?買い換える?それとも・・


エボミニ

いつものように、自転車に、鍵をかけようとして・・・

カチャカチャ・・・あれ?なんか、うまく掛からない・・・

 

・・・・壊れた!!!

 

私はこの、突然の、「鍵の破損」を、
これまでの自転車生活で2度ほど、経験したことがあります。

 

「自転車の鍵」は、自転車をよく使う方であれば、毎日のように使うアイテムですし、
毎日、コンビニに寄ったり、用事で自転車を停めたりするたびに使っていると、
「ちゃんと作動してあたりまえ」みたいな感覚になってきます。

そのぶん、ある日突然、鍵が壊れた!・・というときのショックは、なかなかのものです。

 

そして、場合にもよりますが・・・

壊れた鍵は、原因さえわかれば、
その場で、さくっと直せる場合もあります。

 

たとえば私は、自転車の鍵を外そうとしたときに、
どうしても、鍵が鍵穴の奥まではいっていかず、鍵を回すことができなかった・・という状態になり、
けっこう悩んだことがあります。

鍵が最後まで入らなかった

ちょっと、わかりにくいかもしれませんが・・・

左側の画像が、正常に鍵が、鍵穴のいちばん深いところまで入った状態で、
右側の画像が、くだんの「途中までしか入らなかった」状態です。

右の画像のほうが、鍵が浅いところまでしか入っていないです。

 

浅い状態までしか鍵が入らないと、どうしても鍵穴を回すことはできず、
出先だったため、原因はなんだ??とけっこう、悩んだものですが・・・

鍵穴

鍵穴部分を見ていただきたいのですが・・・
この状態ですと、鍵をいちばん深くまでさしこんで、ふつうに回すことができるのですが・・・

鍵穴

鍵穴

鍵が入らなかったときは、なぜか写真のような感じで、
鍵穴の中の金属板が一部、「斜めに」なっていました。

この状態だと当然、斜めになった部分が邪魔になってしまいますので、
鍵をいちばん深くまでさしこむことはできません。

 

わかってしまえば、単純きわまりない原因なのですが・・・

出先で、じっくり鍵を調べにくいような状態だったこともあり、
私はこの状態でけっこう、鍵が差し込めないことに悩みました。。笑

わかってしまえば、鍵をうまいこと差し込んだり、
ピンセットを使ったりして斜めになった部分をまっすぐに戻せば、
かんたんに解決することができます。

 

上に挙げたのは、あくまで私が経験した、一例なのですが・・・

鍵が壊れるパターンというのも、いろいろあると思われます。

 

たとえば鍵をかけようとするけど、なかなか鍵がガチャン!と閉まらず、
掛けることができない!自転車を停めることができない。。。というパターン・・・

駐輪場所に戻ってきて、鍵を開けようとするけど、
うまく鍵穴に鍵がささらなかったり、刺さったはいいけど回らなくって、自転車が使えなくなってしまうパターン・・・

もしくは家で、なぜか鍵が開け閉めできない!壊れてる!・・と、気づくパターンもあるでしょう。

 

自転車の鍵が壊れてしまった場合は、どういう状況であれ、
まずは「直す」こと、そして直せない場合は「買い換える」ことを検討すると思います。

もし、さくっと「直す」ことができれば、タダですし、
即座に、鍵をまた使える状態に戻せます。

しかし、直せない場合もありますので、その場合は買い換えれば、
鍵代はかかりますが確実に、鍵をまた使えるようになります。

 

もちろん、鍵の構造は、メーカーや製品によってぜんぜん違いますし、
たとえばダイヤルキーだったりする場合は、ぜんぜん直し方も違ってきます。

たとえば、外出先で鍵がどうしても開かない場合は、
いっそ「破壊」してしまうのがベストな場合もあるでしょうが・・・

まずは、なんとかして構造を把握し、
「直そう」としてみると意外とあっさり、原因がわかって、さくっと直せる場合があります。

 

しかしながら、その鍵を直すために何時間もかかってしまったり、
鍵が直せずずっと使えなかったりすると、デメリットのほうが大きくなってきますので・・・

その場合にはさっさと、買い替えてしまうほうがいい・・と、思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ