長距離でも疲れない自転車選びは、「ホイールベース」が鍵!


草原道と青いクロスバイク

長距離を、疲れずに走れる自転車がほしい・・!

ロングライドや自転車旅に有利な自転車を探している方であれば、
まず、考えることだと思います。

 

私も、そういう用途に自転車を使いたかったので、
疲れない自転車選びについては、けっこう、考えました。

 

ロードバイク?クロスバイク?シクロクロス?ツーリング車?それともマウンテンバイク?

ドロップハンドル?バーハンドル?ブルホーンハンドル?

細いタイヤ?太いタイヤ?スリックタイヤか、もしくはブロックタイヤか・・?などなど。

 

いろいろと検討し、それぞれ、どれにするか選んでいったわけですが・・・
最終的に、いちばん重要な要素だと思ったのは「ホイールベース」でした。

ホイールベースが長い自転車であればあるほど、
旅やロングライドといった、長距離走行に向くので、
できるだけホイールベースが長い自転車を選んでおくべき・・ということですね。

 

実際、私がいま乗っている自転車は「SURLY CrossCheck」というフレームを使ったものなのですが、
これはホイールベースが1,014mmあります(フレームサイズは「54cm」と、だいたい中くらいだと思います)。

加えてロードエンドという、ホイールの位置を前後に移動できるエンド構造の自転車で、
私はホイールをいちばん後ろに固定しているので、実際のホイールベースはおそらく1,030mmくらいにはなっていると思います。

 

一般的にホイールベースが1,000mmを越えてくると、ホイールベースが長い自転車だと言えると思いますので、
これは「ホイールベースが長い自転車」だ、と言えるでしょう。

 

実際、SURLYの製品の中でも、世界一周などの超ロングライドによく使われる「ロングホールトラッカー」という自転車ですと、
ホイールベースはなんと「1,064mm」にも及びます(同じく、フレームサイズ54cmの場合です)。

そしてロングホイールトラッカーは、世界一周のような超長距離旅で定評のあるような自転車で、
ひじょうに高い安定性があるとの評価を受けています。

実際、ホイールベースを変えることができる自転車を、ホイールベースが長い状態と短い状態とで乗り比べてみると、
ホイールベースが長い状態のほうが安定性が高いのが、体感でもはっきりとわかります。

 

そして安定性の高さは、世界一周のような特別なロングライドをするわけではなくても、
たとえば日帰りのサイクリング、ちょっとした島を一周する、などちょっとしたロングライドであっても、じゅうぶんな恩恵があります。

なにもロングライドでなくっても、自転車通勤や街乗りといった「自転車生活」の中でも、安定性の高さは、ストレスなく自転車に乗れる・・などといったメリットを与えてくれるのです。

私としては、レースなどを特にせず、自転車を「生活を便利にする」用途に使うのであれば、ホイールベースが長い自転車が有利だ・・と考えています。

 

逆に、レースをやるのであれば、ホイールベースがあまり長い自転車は向かないと思います。
すばやい加速やコーナリングといった動きが、明らかに遅くなってしまうので、
順位争いのような素早さが必要な状況だと、大きく不利になってしまうからです。

ツールドフランスに使われるようなロードバイクは、ホイールベースが短い自転車ばかりなのですが、
そこには、それなりの理由があるのですね。

 

長距離を疲れずに走れる自転車を追求し、
私は車種としては私は最終的にシクロクロスを選び、25cくらいのスリックタイヤ装着したわけですが・・・

長距離を走るときの疲れにくさに、いちばんかかわってくる要素は「ホイールベース」だと思いますし、
ホイールベースはフレームに依存し、基本的にあとから変えることはできませんので、
長距離でも疲れない自転車が欲しいのであれば、ホイールベースが長い自転車を選んでおくほうがいいのではないか・・・と思います。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ