折りたたみ自転車の選び方。軽さより「小ささ」を重視!がおすすめ


草原と青い折りたたみ自転車

自転車において、軽さは正義です!

・・・と、よく言われます。

 

ロードバイクにおいては、みんな軽さを優先しますし、
それでいいとは思うのですが・・・

こと、「折りたたみ自転車」においては、
ちょっと違ってくると思います。

 

折りたたみ自転車では・・・
軽さよりも、どのくらい「小さくなる」かが、いちばん重要だと思うからです。

 

自転車が「軽い」と、何がいいのか?

・・・軽いと自転車は、楽に進んでくれますし、
特に登りにおいては、軽さの影響は、劇的になります。

 

さらに、折りたたみ自転車であれば、
折りたたんで電車に持ち込み、自転車といっしょに遠くまで行く・・・
いわゆる「輪行」においても、すごく有利になります。

輪行をするときには、長時間、自転車を持って歩く必要がありますので、
ここで自転車が1kg、もしくは2kgほども軽いと、
持ち運びがすごく楽になるのです。

 

逆に、あまりに重い折りたたみ自転車は、ろくに持ち運ぶことができません。

輪行するたびに、キツい思いをすることになってしまうため、
そのうち、輪行自体をしなくなり、「折りたたみ」自転車を買った意味が、なくなってしまうかもしれません。

 

・・・と、折りたたみ自転車は、「走行」・「輪行」と、軽さのメリットをダブルで受けることができ、
軽ければ軽いほど有利ではあります。

そのため私も最初は、できるだけ軽く・・できるだけ軽く・・と、
軽さを最優先して折りたたみ自転車を探し、
完成車で「8kg台」という、なかなかに軽い折りたたみ自転車を選びました。

 

しかしながら・・・

これは失敗だったと、後になって思いました。

 

この折りたたみ自転車は、軽いのは良いのですが、
「折りたたんだときのサイズ」が、あまり小さくはありませんでした。

 

日本の電車は、地域にもよるのですが、かなり混みます。

たとえば東京都内であれば、人が少ない場所・時間帯であっても、電車はかなりの人口密度となります。

 

多少大きいくらい大丈夫だろう・・・と、最初は思っていたのですが、
折りたたみサイズが大きいと、混んだ電車に持ち込むとき、
想像以上のストレスを、抱えることになってしまいました。

 

私が最初に買った折りたたみ自転車は、折りたたんだときの横幅が、人間3人分くらいと、かなり大きめの幅になってしまい、
座席の脇に置くと、大きくはみ出してしまいました。

空いている電車なら別にいいのですが、
混みやすい日本で、輪行を繰り返すうちに、「折りたたみサイズが、あと10cm小さければ・・」と、
何度も思うことになります。

 

そして・・・この経験を活かして、
2台目の折りたたみ自転車として、「ブロンプトン」という自転車を購入しました。

 

ブロンプトンは、軽い自転車ではありません。
装備にもよるのですが、完成車重量で最低10kg台、重いタイプだと12kg台にもなります。

 

しかし、折りたたむととても小さくなります

 

ホイールサイズが同じくらいの他の折りたたみ自転車より、折りたたんだときの幅が、10cm以上小さくなってくれます。

感覚的には、立った人間2人ぶん程度になるでしょうか。

 

折りたたみサイズを最優先して、折りたたみ自転車を選んだ結果・・
とても、快適になりました。

 

ブロンプトンのサイズだと、
人が多い電車内に置いても、人が多い駅構内を歩いても、
ほとんどストレスになりません。

座席の脇に置いても、はみ出すことは基本的にないです。

さらに、エスカレーターに置いても、エスカレーター幅の半分をはみ出さないです。
(日本だと急ぐ人のために、エスカレーターに乗るときは半分を開ける暗黙の了解があると思うので、これはなかなかのメリットでした)

重さも、輪行で駅構内を持ち歩くくらいであれば、ぜんぜん問題ありません。

折りたたみ自転車を持ち運ぶときには、軽さそのものよりも「持ち運びやすい形になるか」「しっかりと掴める場所があるか」といったことのほうが重要だ、ということにも気づけました。

 

さらに、これは嬉しい誤算だったのですが・・・

折りたたみ自転車は、多少、重いほうが走りやすいです。

 

詳しくは、上のリンク先記事に書いているのですが・・・

折りたたみ自転車は基本的に、ホイールサイズが小さいため、不安定です。

軽い自転車は不安定なので、「折りたたみ自転車を軽く」してしまうと、
ホイールの小ささ・軽さのダブルパンチで、とても不安定になってしまいます。

そのため、あまりに軽くするより、
むしろ適度な重さがあるもののほうが、有利な場合があるのです。

 

折りたたみ自転車を買うときは、
「軽く・・より軽く・・」という方向性で探すよりは、
軽さはほどほどでもいいので、折りたたんだときに「小さくなる」を最優先して選ぶといいかもしれません。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ