スポンサードリンク



クロスバイクを買うときはGIANT Escapeを軸にするのがおすすめ


クロスバイクのシルエット

クロスバイクは、街中を走り回る、いわゆる街乗りにおいて、
最強と言える自転車です。

ロードバイクほどのスピードは出ませんが、かわりにハンドルがバーハンドルなので小回りがききやすく、
マウンテンバイクほどに段差に強くはありませんが、マウンテンバイクよりはタイヤが細いので速度が落ちにくく、
快適に走り回ることができます。

 

クロスバイクを買おう!と思い立ったとして・・・

クロスバイクの完成車を売っているメーカーは、
TREK、Cannondale、メリダ、GIANT、ビアンキなどなど、
メジャーなメーカーがいろいろあるのですが、

カタログに載っている自転車の数も膨大なものにはなりますので、
基準なく探し回ると、欲しい一台を探し出すにはなかなか苦労されるのではないかと思います。

 

そのためまずは、「GIANT」というメーカーが売っているクロスバイクを軸にするのが良いと思います。

GIANTは、上に挙げたようなメジャーな自転車メーカーの中でも、
特に、安めの価格帯の自転車において、もっともコストパフォーマンスが良く、
またあまり奇抜でない、ノーマル・ベーシックな製品を作る傾向にあります。

そのためまずは、GIANTのクロスバイクをリサーチし、
GIANTのクロスバイクとそれぞれ他社のクロスバイクを見比べていく、という方法が、
購入する一台を狙っていく、効率のいい方法なのではないか、と思います。

 

では、具体的にGIANTでどのようなクロスバイクを扱っているかなのですが・・・

GIANTでは「ESCAPE R」という型番と「ESCAPE RX」という型番の製品が、
長い間にわたって、メジャーな製品として売れ続けています。

 

「FASTROAD」「FORMA」などの製品もありますが、
まずは上記「ESCAPE R」と「ESCAPE RX」のふたつを軸として考えていくとよいでしょう。

 

これらの自転車には、価格が違う、いくつかのクラスがあります(「ESCAPE RX 1」「ESCAPE RX 2」など)。

フレームはどれでも変わらないのですが、価格が高いものほどパーツ構成が良いものになっていきます。

カタログなどで見ていただくとわかるように、「ESCAPE R」と「ESCAPE RX」の価格は、だいたい5-10万円程度となってきます。
そのため、クロスバイク完成車の値段の相場は、だいたいこれくらいと考えるのがよいと思います。

 

ちなみに、上記の価格帯よりはるかに安く買える自転車もあるにはあるのですが、
形だけがクロスバイクで、中身はほとんどママチャリと同じになり、
軽さ、各種部品の精度、フレーム剛性などなど、「スポーツ自転車」としての特性はほとんど無くなってきてしまうため、
私としては、あまりおすすめはしません。

 

GIANTで「ESCAPE R」と「ESCAPE RX」をチェックしたら、
あとは、TREK、Cannondaleなどさまざまなメーカーの中から、気になるメーカーを選び、
「ESCAPE R」や「ESCAPE RX」と価格やパーツ構成を比較しながら検討していけばいいわけです。

 

時期によって扱われる製品が変わってくるとは思いますが、
例えばTREKでは「FX」シリーズが、Cannondaleでは「BAD BOY」や「Quick」シリーズが、
GIANTの「ESCAPE R」や「ESCAPE RX」と似た価格・クラスの製品となってくるようです。

 

あとは、「ESCAPE R」「ESCAPE RX」を軸にしながら、価格、重さ、フレームのサイズ、パーツ構成などを比較していき、
納得のいった一台を選べばよい、と思います。

もしくは、良いと思った自転車に関して、さらに置いてある店舗に行き、
実物を見たり、試乗をさせてもらったりしてから決めてもよいでしょう。

 

参考までに私は、一台目のクロスバイクとして、
GIANTの「ESCAPE RX 1」という、完成車価格で10万円、コンポーネントはTiagra、という自転車を購入し、
とても満足することができました。

 

巷にはさまざまな自転車が売られており、
納得の一台を選び出すのはなかなか難しいものですが、
しっかりと製品を比較検討された上で、納得のいく製品を選んでいただければ、と思います。

スポンサードリンク




 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミスを防ぐための、一押しアイテムです。

Amazonで見る
楽天で見る

詳細なレビュー記事はこちら

運営者:ドクターゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ