「軽さ」を追求しすぎた自転車は、高価なわりには報われない


さわやかな羽根

自転車は、軽ければ軽いほど良い!

・・・と、よく言われます。

 

特にロードバイクだと、軽さを最優先することも多いですし、
高級ロードバイクだと、7kgを切るほどの軽さになります。

自転車メーカーは軽い自転車を奨めることが多いですし、
自転車レースなどで、少しでも速く俊敏に自転車を走らせたい場合、
少しでも自転車を軽くする、という方向性は正しいのではないかと思います。

 

しかし・・・「生活の中で使い倒す」というスタンスだと、
軽さばかり追求した自転車より、
むしろ適度に重い自転車のほうが有利になることが多いです。

 

まず、重い自転車は頑丈です。

重い自転車には、フレームがアルミ製やクロモリ(鉄)製のものが多いのですが・・

自転車を倒してしまう・駐輪時にぶつけてしまうなど生活の中でダメージを受けてしまったり、
また飛行機輪行などのときに乱雑に扱われてしまったとしても、まず問題ないです。

 

特に自転車素材としての「耐久性」はクロモリが最強というのは、いろいろなところで言われていることでもあり、
私もその通りだと思います。

次に強いのがアルミですね。クロモリほどの衝撃吸収性や、ダメージに対する粘り強さは無いと言われていますが、
じゅうぶんな強度があると思います。

 

しかし・・軽量な自転車は、現代では多くがカーボン(炭素繊維強化プラスチック)製です。

カーボンについては、ぶつけてしまって割れてしまった・・という事例は、検索する限りかなり多いです。
やはり強度では、重いアルミ・鉄製の自転車より低いと言えるでしょう。

軽いカーボンを選んだからといって、走っていていきなりフレームがポッキリ・・なんてことはまず無いのでしょうが、
がんがん輪行したり、そのへんに地球ロックしたり・・という「タフ」な使い方がしにくくなる、というのもまた事実でしょう。

 

次に、重い自転車は安いです。

現代であれば、クロスバイクであれば6万円程度、ロードバイクであれば10万円程度から、
工業製品の品質としては最高に近い自転車が手に入ると思います。

 

20万円以上のするような自転車が、10万円程度の自転車と比べて優れている点は、
基本的に軽さのみになってくるようです。

一概には言えないのですが、20万円以上だと値段が上がるほど重量が下がる、という関係になってくると思います。
(もちろん、ハンドメイド品や希少品などで価格が上がることもあるので、そういったものは除きます)

 

このように、適度に重い自転車は頑丈・安価、という利点があるため、
自転車生活の中で、タフに使い倒すことに向いています。

たとえば、他の自転車がたくさん駐めてある中に、ぶつけられてしまったりする可能性を考慮の上で駐輪したり、
乱雑に扱われてしまう可能性がある飛行機輪行を、躊躇なくできたりします。

万一盗難にあったとしても、高価な自転車に比べるとダメージは少ないです。

 

逆に極端に軽量な自転車だと、デリケートで高価になってしまうため、
長時間、自転車から離れることはほぼできなくなってしまいますし、
ダメージを受けることがないよう、常に気をつけながら運用することになってしまいます。
(軽量なカーボンフレームには、フレームに腰掛けただけで折れてしまうような事例もあるようです)

 

肝心の速さについてですが、私がいろいろと調べた限りでは、
軽い自転車は、こぎ出しや走りを「軽いと感じる」ことはありますが、実際の速度はあまり変わらないことが多いようです。

そのためレースなどで1秒を争うような走りをしないのであれば、速さの低下も気にしなくてよいのではないか、と思われました。

 

それでは、どの程度の重さがいいのか?についてなのですが・・・

GIANTのエントリーモデルのクロスバイクやロードバイクであれば、だいたい9-11kg程度なので、そのくらいであれば良いのではないかと思います。
それでも、ママチャリの半分ほどの重さとなります。

逆に7kg台や6kg台を目指すとなると、
価格は30万円以上となり、また強度も下がってしまいデリケートに扱う必要がでてくると思います。

 

自転車生活の中で便利に使い倒す、というスタンスであれば、
自転車に過度な軽さは求めず、むしろ適度に重い自転車を使うほうがいいかもしれません。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ