重いロードバイクの良さってなに?重量級クロモリロードに乗ってるので語ってみます


クロモリロードに乗る女性

軽いロードバイクこそが、最強!

・・・というのが、時代の流れです。

 

でも・・あえての「重いロードバイク」にも、
意外と、いいところが多いです。

 

ロードバイクが軽いことは、ひとつの価値です。

加速、上りのスピード・・と、走行性能におけるメリットは多いですし・・

たとえば輪行とか、街中で自転車を持ち上げなければ通れない場所とか(けっこう、ありますよね)では、
ひょい、と持ち上げられるのはなかなか良いものです。

 

実際、6kg台・7kg台にまで軽量化したロードバイクに、
乗っている方も多いと思います。

 

しかし・・・その流れに逆行するかのように・・

私は現在、車体重量「11kg台」という、
やたら重いクロモリ自転車に乗っています・・・笑。

 

最近だと、10万円くらいのエントリーロードバイクでさえ、
10kg台とか、9kg台後半とかですので、
それよりもさらに重い、まさに「超重量級」と言ってもいいと思います。

 

しかし・・・そんな、軽さが求められる現代ではまっさきに敬遠されそうな、
メタボ・ロードバイクにも・・けっこう、良いところはあるものなのです。

 

まず、なにより、車体が安定します。

 

私も、6kg台とかのロードバイクに乗ったことはあるのですが・・・

超軽量自転車は、羽根のように軽いですし、
羽根のように軽やかに、左右に動かしたりもできます。

そして・・羽根のように、バランスを崩しやすいです・・笑。

 

重いものほど安定するのは、物理法則としてあたりまえですし、
自分の下にあり、自分の身体を支える自転車が軽いと、その影響はすごく大きいです。

「軽い自転車は、乗りこなすのが難しい」と、よく言われるゆえんだと思います。

 

もちろん、レースのような状況では、バイクが不安定。。とか、そんなこと言ってられないですし、
軽い自転車でも習熟すれば、問題なく乗りこなせるようにはなるのですが・・・

やはり、日常で乗り回したり、ロングライドをしたり・・という状況では、
不安定さは「疲れ」に結びつくなぁ・・と、個人的には感じました。

 

自転車はもともと、たったふたつの接地点しかない不安定なもので、
バランスを崩さないように人間が常に、バランスをとっているわけですが・・・

軽い自転車だとその「バランスの立て直し」を、無意識のうちに、よりたくさんやることになるので、
より疲れるんじゃないかな・・とは、思います。

 

 

あとはやっぱり、頑丈ですね。

より重いものが、より頑丈・・というのは、工業製品の常だと思います。

素材的にも、クロモリが、アルミやカーボンより頑丈というのはいろいろな情報から確かだと思いますし・・
しかも、重いクロモリ・・というなら、なおさらだと思います。

 

べつに軽量カーボンであっても、走っている最中に折れたりするほど脆い、とかは無いのですが・・・

 

駐輪するときガンッ!と、鉄のポールにぶつけてしまった・・とか、

倒してしまって、段差のカドにぶつけてしまった!・・とか、

落車し、コンクリートの地面にがっつりダイブさせてしまったりとか・・・

 

私は全部、やってしまったことがあるのですが・・笑

軽量カーボンだと特に、硬いカドなどにぶつけると割れて、修理不可能な状態になったりするようですが・・・
私の重量クロモリはわずかにキズつくだけで、へこみさえしませんでした。

 

それ以外だと場合によっては、飛行機輪行で、輪行袋に入れてそのまま渡して、
ターンテーブルでゴトゴトと運ばれたとしても、特に問題ないです。

もちろん、本来はハードケースなど使うべきなのでしょうが・・
ロードバイク用ハードケースはどでかいですし、重いですし、高価ですし・・・

予定されたレースイベントとかなら、良いのでしょうが、
飛行機輪行をからめた、自由な自転車旅・・といった状況では、ちょっと、使えないのです。。。

 

・・・と、ヒルクライムレースとか、ロードレースとかの「速くなる」ことを、自転車趣味の軸にすえるなら、
贅肉ゼロの、軽量カーボンのロードバイク一択!と、なるのかもしれないですが・・・

「日常生活の中で、まったりと自転車を楽しむ」という方向性ですと、
ガチムチ重量級の、超頑丈クロモリロード!・・というのも、
意外と、悪くない選択だったりするかもしれません。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ