当サイトのおすすめアイテム
作りがしっかりしたフラットペダル

ロードバイクはグレーチングが危険!滑るのを防ぐ3つのコツ


グレーチング

あ、しまった!!

 

突然、乗っていたはずのロードバイクが消えて、ふわっと浮く体・・

気がついたら地面に横たわって、痛みとともに青空を見上げる・・

 

グレーチングはそんな「突然の落車」を起こしかねない、
ロードバイク乗りにとっての天敵です。

私自身、滑りそうになった経験は、何度もあります。。

 

グレーチングはもちろん、必要だから設置されているわけですが・・・

とはいえ自転車乗りとしては、ちょっと、怖いものですよね。。

 

しかしグレーチングは、防ぐための「コツ」を押さえておけば、
滑る可能性をかなり下げることができます。

この記事では、グレーチングの危険度をできるだけ下げるには、どうすればいい?

そんな疑問に答えていきます。

「太いタイヤ」が、いちばん有効

まず、いちばん効果的な方法からなのですが・・

とりあえず太いタイヤに換えてしまうのが一番です。

 

太いタイヤというと、ロードバイクの場合だと25C、もしくは28Cといったところですね。

クロスバイクやマウンテンバイクなら、もっと太いタイヤも使えるのですが・・・

ロードバイクだと「フレームクリアランス」の問題がありますので、そのあたりが太さの上限のはずです。

 

ロードバイクで一番よく使われているタイヤは、23C・・つまり幅23mmのタイヤのようです。

そして・・

 

あら目(普通目・並目)グレーチングは主部材の隙間が通常25~28mmのため、28mmより細いタイヤの場合は嵌まる可能性があります。

株式会社宝機材ホームページより引用

 

とあるように、グレーチングの中でも目が粗いものは、23Cタイヤよりも隙間が広くなっているのです。

 

そんなところに細いタイヤで、突撃しようものなら・・・

当然、すっぽりはまってハンドルがとられて、落車・・となる可能性は高いです。

なので選べる範囲でできるかぎり、太いタイヤを選ぶのはもちろん、危険度を下げるために有効なのです。

 

グレーチングの幅は、広い場合で28mmとのことなのでできれば、もっと太いタイヤが理想ですが・・・

ロードバイクだと現実的には、それも難しいです。

 

もちろん太いタイヤには、走行抵抗が落ちたりとデメリットもありますので、
結局はいろいろな要素のバランスを考えて、検討していくしかないのですが。。

 

関連記事:タイヤの太さごとのメリット・デメリット

「上でハンドルを切る」と、超危険

そしてグレーチングの上で、ハンドルを切ってしまうと、滑る確率がいっきに跳ね上がります。

 

このあたりは、「工事現場の鉄板」とかも似ていますが・・・

滑りやすい場所に進入するときでも、ハンドルをまっすぐにして突っ切ってしまえば、そうそう滑りはしないものです。

 

しかし滑りやすい場所の上でわずかでもハンドルを切って、曲がるベクトルを出してしまうと、
それによって前輪なり後輪なりがずるっと滑り、そのままガシャーン・・となってしまいます。。

 

そして特にグレーチングは、いわゆる「面」の部分がほとんどありませんので、
摩擦力はとんでもなく低いわけです・・笑

 

もちろん、グレーチング自体をできるだけ避けたほうがいい!というのは、言うまでもないことですが・・・

道幅いっぱいにグレーチングがある場合もありますし、タイミング的に避けられない場合もありますので、
そういう場合は絶対にハンドルを切らない!まっすぐ走る!

・・を意識すると、滑ってしまう可能性はかなり下がると思います。

 

 

今回はグレーチングで滑らないために、できることについてお話ししてみました。





運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ