自転車グローブはゴアテックス製が最強!雨じゃない日も使い続ける理由とは


モンベルのゴアテックスグローブ

自転車のグローブは・・・

雨じゃない日でも常に、「ゴアテックス」タイプを使う!

・・・というのが、オススメです。

 

グローブは、防寒に、ケガ予防に・・と、すごく重要な装備です。

 

ですが・・実際に使っていると、意外と困ってしまうのが、
雨の日、すぐびしょびしょに濡れてしまう・・ということです。

 

びしょびしょに濡れたグローブを、ずっと着けていると、
どんどん手がふやけてしまいますし・・・

冬場だと、手が冷えて致命的なことになりかねないです。。

 

なのでむしろ、雨の日はグローブは着けずに素手で乗る!

手は濡れても、仕方ない・・!

と、私はそうする時もあるのですが・・・

 

しかし冬場は、そうはいきません。

 

冬に素手で乗ろうものなら、すぐに手に感覚がなくなるくらい、冷えてしまうものですし・・・

特に「冬 x 雨」の組み合わせの中で、素手だと、
10分ももたずに、手が冷え切ってしまうかもしれません。

 

しかし、「常にゴアテックスグローブを使う」ようにすれば、この問題は解決します。

ゴアテックスグローブはもちろん、高い防水性がありますので、
雨の中走ったとしても、問題ないです。

 

もちろん、寒さを完全には防げないですが・・・

手に、冷たい水が直接ついてしまうことは無いですので、
手袋が冷水でぐしょぐしょに・・とかなるよりは、遥かにましです。

 

そして、ゴアテックスグローブは実は、
雨が降っていない状況でも、すごく、優秀です。

というのも・・ゴアテックス製品は基本的に、
「ウィンドブレーク性能」が高いから、です。

 

グローブに限らず、冬の自転車ウェアには「ウィンドブレーク性能」が重要です。

普通に歩いている時なら、単純に「着ていて暖かい服」を選べばいいわけですが・・・

 

自転車・・特にロードバイクとかだと、走っているあいだ中、
ずっと強風を受け続けるわけですので・・・

「風を防ぐ能力」が低いと、いくら服そのものが暖かかったとしても、
風でどんどん、体温を奪われてしまいます。

 

逆にある程度、薄いウェアであったとしても・・・
「ウィンドブレーカーとしての性能」が高ければ、寒さは、
かなりのレベルで防げるのです。

 

そして、ゴアテックス製品というのは大体、
このウィンドブレーク性能も、高いものです。

もちろん、製品によるのですが・・・

豪雨とかもしっかり遮るように、防御力を重視して作られたウェアは、
「風」すらもちゃんと防御してくれる・・ということでしょう。

 

もちろん、ゴアテックス「グローブ」も、ウィンドブレーク性能は高いです。

なのでゴアテックスグローブを選べば、
「冷気への強さ」「雨への強さ」の両方を、一緒くたに手に入れることができる・・というわけです。

 

逆に、例えば「もこもこの、毛糸手袋」とかだと、
立ち止まっている分には、体温をキープしてくれて、暖かいと思うのですが・・・

ロードバイクとかで高速で走ると、風がびゅんびゅん浸透してきて、
走れたものではなくなってしまいます。

しかも当然ですが、普通の防寒手袋だと雨は防げませんので、
雨が降ってきた時点で、濡れた、冷たい手袋になってしまいます。。。

 

そもそもゴアテックスは、グローブ以外のレインウェアとしても、優秀です。

そして、ゴアテックスウェアに加えて、ゴアテックス「グローブ」までも標準装備しておけば・・・

冬場、どんな環境でも問題ない、快適なライドができるのではないか・・と、思います。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ