ロードバイクのフレームサイズを選ぶとき、「ホイールベース」は見逃し厳禁です!


ロードバイクのフロントホイール

ロードバイクを買うとき、「フレームサイズ」は最重要ポイントです。

 

フレームサイズは、乗りやすさなどにすごく深くかかわりますし、
他のパーツと違って、簡単に変えることはできませんので、
ここを間違えてしまうと、すごく後悔することになってしまいます。。

 

そして、フレームサイズ選びには、
「ここを間違えると致命的!」という重要ポイントがあります。

もちろん最終的には、試乗したり、ショップ店員にいろいろ聞いてみたりして、
総合的に判断していいのですが・・・

そうであっても、「ここだけは確認しておいてほしい!」というポイントがあるのです。

 

それが、ホイールベースです。

 

ホイールベースというと、ざっくりと言いますと、
車輪と車輪とのあいだの距離のことですね。

ロードバイクのシルエット ホイールベースを注釈

上の画像の、水色の注釈の部分です。

 

このホイールベースは、そのロードバイクが、
レースや素早い動き重視なのか?ロングライドや安定性重視なのか

・・・ということを決定づけてしまう、ものすごく、重要なポイントです。

ホイールベースが短いほうが、素早い動きが得意で、
ホイールベースが長いほうが、安定して直進できる・・
というのが、一般的ですね。

 

ここを長くするのか?短くするのか?というのは、
好みや、どんな乗り方をしたいのか、といったことで変わってくるのですが・・・

たとえば私の場合は、

安定してふらつきにくい自転車が欲しかったので、ホイールベースはかなり長めにしています。

 

そして・・・

このホイールベースは、フレームによって決まってしまい、あとから変えることはできないのです。

 

・・・ホイールベースは、フレームの、
前輪がはまりこむ場所と後輪がはまりこむ場所との距離、ですので、
フレームが決まってしまえば、自動的に決まってしまうんですね。

 

ハンドルの遠さやサドルの高さは、パーツ交換でいくらでも変えることができます。

ハンドルが近いな。。と思ったら、ステムを伸ばしたりハンドルを換えたりすればいいだけですし、
サドルが低いな。。と思ったら、上げればいいだけです。

 

しかし・・・ホイールベースが長いな、短いな・・・と思ったときには、どうすることもできません

ホイールベースは、購入したフレームサイズによってたったひとつに決まってしまっていますので、
あとからホイールを換えようが何をしようが、もう変えられないんですね。

 

そしてホイールベースは、メーカーのカタログなどを見れば、
かんたんに確認することができます。

 

TCR-SL1のジオメトリ表

TCR-SL1のジオメトリ表 拡大抜粋

GIANT公式ホームページ TCR SL1 ジオメトリー より引用

 

たとえば上に参照したのは、GIANTの公式ホームページで見ることができる、
とあるロードバイクのジオメトリー表なのですが・・・

赤い四角でかこんだ場所に、ホイールベースが書いてあります。

フレームサイズがSであれば、ホイールベースは「970.4 mm」、
フレームサイズがMであれば、ホイールベースは「975.8 mm」、といった感じで、
ミリ単位で決まっているんですね。

つまりこのロードバイクの、フレームサイズMを購入したとすればその瞬間、
ホイールベースは「975.8 mm」に確定し、その後変えることはできないのです。

そのため、ステム変更などでかんたんに変えられる、
ハンドルの遠さ、サドルの高さ・・・といったことに比べると、
後悔ポイントになりやすいんですね。

 

・・・それでは、そもそもホイールベースは、どのくらいの長さにすればいいんでしょうか?

ここは、決まりがないところなのですが・・・私としては、
ホイールベースが1000mmより長いと直進安定性重視、1000mmより短いと素早い動き重視
だと思っています。

 

そのため、ご自身がどんなふうにロードバイクに乗りたいのか?を考えて、
ひらひらと素早い挙動がしたいのであれば、ホイールベースを「短く」、
長距離でも安定した走りがしたいのであれば、ホイールベースを「長く」・・

という方向性で考えていけば、いいのではないかと思います。

 

もちろん、ホイールベースは長くするほどいい、短くするほどいい・・というものではありませんので、
バランスはとる必要があります。

ホイールベースの長さを求めすぎて、フレームサイズはLだ!いやXLだ!いやXXLだ!・・と際限なく大きくしていくと、
さすがに、乗りにくくなってしまいますので。。

そのため場合によっては、同じ自転車でフレームサイズを変えるのではなく、
買う自転車そのものを変える、というのも選べる選択肢になると思います。

 

ホイールベース以外にも、あとから変えられない要素はあり、
たとえば「スタンドオーバーハイト」といったものがあります。

これはだいたい、自転車のトップチューブの高さと同じで、
これが高すぎると、トップチューブの上にまたがると股間が当たってしまって、
すごく使いにくくなってしまいます。

 

フレームサイズを選ぶときには、ものすごくたくさんの要素がでてきますので、
すべてを完璧に検討して決めるというのは、無理なのですが・・・

「あとから変えられない要素」である、ホイールベースなどといった要素を優先して検討すると、
より間違いのない、後悔のないフレーム選びができるのではないか、と思います。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ