スポンサードリンク



かじかむ「足」を徹底防寒!足先・つま先用自転車ウェアを紹介!


氷の結晶

足が寒い!!

・・というのは、真冬に自転車に乗っていると、経験することだと思います。。

 

足先は末端ですので、しっかり防寒しないとどんどん冷えてきますし、
あまりに冷えると感覚がなくなって、ライド自体がもう無理!となったり・・もあると思います。

 

とはいえ「装備」をしっかり整えておけば、足先の寒さはかなり、防げるところです。

寒さを防ぐため、暖かいジャケットを使おう!とは自然になるものですが・・

「足」は意外と盲点になりやすく、装備が甘くて足先が凍えてしまった・・というのは結構、あることのようです。

 

なのでこの記事では「足先を守るための防寒ウェア」について、いろいろ解説していきます。

「風を防ぐ」が、最重要

足はもともと、けっこう、重装備です。

もちろん、裸足でロードバイクに乗るなんて、あるわけもなく・・
通常は分厚い靴と、靴下に覆われていますよね。

 

なので実は、何もつけずに乗ることも多い「手」や「顔」と比べれば、もともと結構あたたかいほうなのです。

 

しかし・・「風」はけっこう、入ってくるものです。

もともと、靴は通気性高めに作られているものが多いですし・・・
(通気性が無いと、足が蒸れまくりますよね。笑)

靴にもよりますが、隙間のところから風が入ってくることもあります。

 

そしてロードバイクなどの自転車は、速く走りますので、
冷たい「風」をちゃんと防がないとそれが原因で、どんどん凍えてしまうのです。。

靴においては保温よりも、むしろこの「風を防ぐ」のほうが重要だったりします。

 

じゃあ・・具体的にどう、風を防ぐの?

「シューズカバー」が、おすすめです。

 

 

これは有名メーカー「パールイズミ」の製品ですが、これはおすすめです。

 

それ以外にも例えば「ロードバイク シューズカバー 防寒」でAmazonを検索したり・・・

もしくは「ロードバイク シューズカバー 防水」でAmazonを検索したりすると、良いものが見つかるかもしれません。
(防水シューズカバーは冷たい雨を防げるのに加えて、「防風」性能も高いことが多いです)

 

こういったシューズカバーは、風をほぼ完璧に防ぐことができるので、
無いときと比べると圧倒的に、つま先が冷えにくいと感じます。

 

防風能力がある「靴」そのものを使えばいいのでは?と思われるかもしれませんが、
防風性を重視したものは「通気性」が犠牲になります。

まあ、風通しが悪くなるわけですので、それはそうですよね。

なのでいつもは、通気性をちゃんと持った普通の靴を使って、
冷たい風をなんとしても遮断したい・・!という寒い日のみ、シューズカバーを使う!

というやり方のほうを、私としてはおすすめします。

「暖かいソックス」も、おすすめ

足先を温めるためには・・・

単純に「暖かい靴下」を使うというのも、おすすめです。

靴下をしっかり分厚い、保温性が高いものにすれば、
当然、足が冷えるのを防ぐことができます。

 

そして私としては、「登山系」の防寒ソックスを使うのが、いちばん有効だと思います。

普通の、安いソックスでも悪くはないのですが・・・

登山系メーカーの物はやはり、本物の冬山とかで生死を分けるものですので、
つくりの「ガチ度」が全然違うと、個人的には感じます。

 

具体的には、

 

 

この「モンベル」の、「メリノウール」という繊維を使ったソックスはおすすめです。
(このリンクは「Lサイズ」ですので、もし他のサイズも探したい場合は「モンベル エクスペディション ソックス」でAmazonを検索すると他の製品も探せます)

 

まずモンベルは、登山をするなら知らない人は居ない!と言えるほどの、ド定番ウェアメーカーです。

そして「メリノウール」は羊毛をベースにした、暖かいタイプの高性能繊維で、
「エクスペディション」シリーズはいろいろあるタイプの中でも一番、極厚で、暖かさ重視のシリーズです。

 

このタイプのソックスは私も使っていますが、普通のソックスよりずっと温かいと思いますし、
大きな間違いにはなりにくいのではないか・・と思います。

 

 

今回は足先・つま先を寒さから守るウェアを、いろいろ紹介してみました。

スポンサードリンク




 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミスを防ぐための、一押しアイテムです。
運営者が愛用しています。

Amazonで見る
楽天で見る

詳細なレビュー記事はこちら

運営者:ドクターゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ