折りたたみ自転車で100kmくらいの長距離は走れる?何度も走ったので解説します!


川沿いにたたずむ折りたたみ自転車

折りたたみ自転車で100km、走れますか?

 

きつすぎる、無理!!

いやいや、意外と余裕だよ?

 

・・どちらも、よく言われることだと思います。

 

実際、折りたたみ自転車で100kmって、どうなの?

どのくらいきついの?可能なの?走るときの注意点とかあるの?

というのは、よく持たれる疑問のようです。

 

私自身は折りたたみ自転車で100km走ってみたことが、過去に何度もありますので・・

この記事では、そんな疑問に答えていきます。

折りたたみ自転車で100kmは、どのくらいきつい?疲れる?

「ロードバイク」で100km走るのは、けっこう簡単だ・・と多くの人が言いますし、
実際、私もそのとおりだと思います。

 

100kmといえば、クルマでも大変な距離ですので、
自転車で走り抜くなんてとんでもない!と、私も思っていたのですが・・・

自転車でありながら、原付並みのスピードが出る「ロードバイク」の力を借りれば、
特に鍛えているわけでもない私でも、意外とかんたんに、達成することができました。

初めて100km走って、地図を見返したときの、
「自分の脚だけで、こんなところまで来たのか・・」という感動は、なかなかのものでした。

 

しかし・・・これが「折りたたみ自転車で」となると、話がかなり、違ってきます。

 

折りたたみ自転車は、その輪行能力と引き換えに、
ロードバイクやクロスバイクといったフルサイズ自転車と比べるとだいぶ、走行能力が下がってしまいます。

これは、15万円とか20万円とかする、性能のいい折りたたみ自転車でも同じです。

 

私は愛車として、折りたたみ自転車の「ブロンプトン」を所有しているのですが・・・

個人的な感覚で、ざっくりと走行能力をロードバイクと比べると、
だいたい7-8割くらいかな・・と感じます。

Birdy(旧BD-1)、DAHONといった、ハイレベルな折りたたみ自転車メーカーの自転車だと、
だいたい、同じような感じだと思います。

 

ホームセンターで、1万円とかで買える折りたたみ自転車は・・・

以前、私も使っていたのですが、
ちょっと、話にならないくらい走行性能が低いですので・・・
ここでは、話から省かせていただきます。

 

それでは、ブロンプトンなどといった折りたたみ自転車で・・・

100kmという距離は、どの程度のものでしょうか?

 

これも、個人的な感覚にはなってしまうのですが・・・

だいたい、ロードバイクの1.2倍くらいのエネルギーを使えば、走りきれる・・と、感じました。

 

折りたたみ自転車で100km走るのは、ロードバイクで100km走るよりも明らかに、きついです。

これはもう、じっくりと比べるまでもなく、はっきりと体感できます。

もちろん、どんな道を走るのか?とか、いろいろな要素の影響があるのですが・・・

ある道をロードバイクで、100km走ったときは、
「ふぅ、疲れた・・」くらいの、ぜんぜん余力がある感じだったのですが、

同じ道をブロンプトンで、同じように走ったときは、「めっちゃ疲れた・・!」といった感じの、
かなり、余力が少なくなった感じになりました。

ロードバイクに換算すると、120km走ったときくらいだと思います。

 

もちろん、どのくらい疲れるのかは、人によるでしょう。

200km走ろうが300km走ろうが疲れない、鉄人のような人も実際にいると思いますし、
そういう人は折りたたみ自転車でも、相当な距離を、疲れずに走れるでしょう。

しかし、ブロンプトンのような、18インチくらいの高性能な折りたたみ自転車と、
700cの、しっかりしたロードバイクとを比べたときには・・・

そのロングライド能力には「1.2倍」くらいの差があるなぁ・・というのが、
何度も乗ってみての、個人的な感想です。

 

逆に言えば、どこでも持ち運べる「折りたたみ自転車」であっても、
ロードバイクの8割くらいの距離は、走れてしまうんだ・・とも、
言えると思います。

折りたたみ自転車で100km・・がハードなのは、なぜ?

折りたたみ自転車がなぜ、ロングライド能力でロードバイクに、あきらかに劣ってしまうのか?

いちばんの違いは、何なのか??

・・・と言えば、これはもう「ホイールサイズ」でしょう。

 

折りたたみ自転車はほとんどの場合において、ホイールサイズが小さい、いわゆる「ミニベロ」となります。

折りたたみサイズを小さくするために、どうしても、小さくせざるを得ないんですね。。

 

しっかりした折りたたみ自転車は、折りたたみフレームといえどちゃんと剛性があり、
その「しっかり度」は、ロードバイクフレームにも劣らないほどなのですが・・

ホイールサイズの差は、物理的に、どうしようもありません。

 

14インチ、16インチ、18インチ、20インチ・・などなど、ホイールサイズによって劇的な差は出るのですが・・・

ホイールサイズが小さいと、
ホイールが回転し続けることで、自転車を安定させる能力・・
つまり「フライホイール効果」が、すごく小さくなります。

折りたたみ自転車でも、ふらついて事故に結びつくほどには、
不安定にはならないものですが・・・

それでも、ロードバイクはこのフライホイール効果が強いので、
折りたたみ自転車よりも圧倒的に安定性が高くなり・・・

その不安定さを、からだの動きで補う必要がないですので、
ロードバイクは疲れにくい・・と、言えるのだと思います。

 

逆に言えば、しっかりした折りたたみ自転車ならフレーム強度とかの「その他の要素」は、そんなには変わりないです。

なので折りたたみ自転車でもロードバイクとかと比べて、そんなに、ものすごく変わる!とはならないのかな・・とも思います。

100kmライドは「パーツ選び」でもラクにできる

折りたたみ自転車で100km走る・・は、「パーツ」の選び方を工夫することでもかなり、楽になります。

 

パーツの選び方で具体的に、なにを改善するの?

身体へのダメージを和らげる

 

これがいちばん大事だと思います。

 

折りたたみ自転車はホイールが小さいですので、ロードバイク・クロスバイクといった自転車と比べると、
どうしても振動がガンガン、身体にきてしまいます。

実際に折りたたみ自転車に乗っている方であれば、段差を越えたり、ガタガタ道を走ったりするときの振動が、
圧倒的に大きい・・というのは、おわかりいだたけると思います。

 

そして当然、100kmもの距離を走るあいだじゅうずっと、強い振動を受けまくっていれば・・

疲れたり、手やお尻が痛くなったり・・となりますし、
場合によってはそれで途中までしか走れなかったり・・となる可能性もあります。

 

そして身体へのダメージは例えば、衝撃の吸収力が高い「サドル」「グリップ」といったものを使えば、かなりラクになります。

 

 

エルゴンの幅広グリップ

 

例えば私自身は挙げましたように、サドルに「ブルックスの革サドル」、グリップに「エルゴングリップ」を使っているのですが・・

それぞれ振動吸収性に特化したようなパーツで、私の場合は折りたたみ自転車に最初からついていたパーツと比べると、
乗っていてはっきりとわかるくらいには、身体へのダメージが軽減しました。

特にブルックスサドルによる「おしりの痛み」の軽減と、エルゴングリップによる「手の痛み」の軽減については、劇的な効果があったと思います。

 

 

 

・・と、今回は折りたたみ自転車で100km走ることについて、いろいろお話ししてみました。

 

折りたたみ自転車は、ロードバイクなどのスポーツ自転車と比べると、
さすがに走行能力はかなり水をあけられるのですが・・・

それでも、絶望的に走れない、とかそんなことはなく、
頑張ればふつうに100kmとかの距離も走れてしまうものです。

折りたたみ自転車だと行きの100kmだけ自走し、帰りは輪行・・が簡単にできるのも、嬉しいポイントかもしれません。

 

折りたたみ自転車で長距離!とは、なかなか、思わないかもしれませんが、
「折りたたみ自転車で走りきった!」というのが意外と、達成感を味わわせてくれたりもしますので、
ぜひ、チャレンジしてみては・・と、思います。

 

関連記事
「バックパック」「ショルダーバッグ」「手提げビジネスバッグ」の3スタイルに切り替え可能で、自転車通勤やビジネスに向いたバッグを紹介しています。

 

安くてじゅうぶんな機能が揃った、コスパ最強の振れ取り台を紹介しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ