ブルックスの乗り心地に特化した、ラバー素材サドル

フラットペダルのケイデンスはどうする?90回転がいいの?


速く走るサイクリスト

ケイデンスは90回転がいい!

・・というのは、ロードレースなど自転車競技の世界では、よく言われることです。

 

もちろんそれはビンディングペダル・ビンディングシューズを使った状態でのことなのですが・・・

フラットペダルを使う場合だと、ケイデンスはどのくらいがいいのでしょうか?

 

私自身はビンディングを使ってはみたものの、すぐにフラットペダルに戻ってしまって、
その後も、もう8年ほどフラットペダルばかり使っている・・という、生粋のフラペ派です。

なのでこの記事では「フラットペダルのケイデンスは、どうする?」

そんなところをお話ししていきます。

「脚に合った、低めのケイデンス」がいいと思う

まず、結論からですが・・・

「脚に合った、低めのケイデンス」が一番だと思います。

 

つまりは90回転よりも低い、たとえば60回転とか70回転とかで、
かつ、自分の脚に合うな・・と思うケイデンス、ということですね。

 

なぜ、フラットペダルでは低めのケイデンスがいいのか?

ビンディングよりも「トルク型」気味のペダリングになるから、です。

 

ペダリングには「ケイデンス型」と「トルク型」とがあります。

ケイデンス型はくるくると、素早くペダルを回すタイプで・・・

トルク型は回転数が低めで、そのかわり強めのパワーで回すタイプですね。

 

そしてビンディングペダルは、足をペダルに固定しますので、
固定された足を正確に、くるくる回し続ける・・というペダリングになりやすいです。

なので回転数を上げたほうが、進みやすくなりますし、
実際ロードレースとかだと90回転のように、高回転で回す人が多いです。

場合によっては120回転とか、それ以上とかで回すことも多いですね。

 

なのですが・・フラットペダルは足を固定しないですので、あまりに高回転のペダリングには向かないです。

あまりに早く回すと、足が外れてしまうリスクが上がりますし・・・

 

そして基本的に引き足は使えませんので、固定するビンディングペダルに比べると、
1時 - 3時付近で、下方向にパワーを出すような乗り方になりやすいです。

私自身、いろいろ試行錯誤してみましたが・・
フラットペダルだと正しい円を描く!というより、タイミングよく「踏む」ほうがよく進むと感じました。

もちろん踏むタイミングを間違えると、単なるダメペダリングになるわけですが・・・

 

そういう乗り方だと、回転数を重視するよりも、
むしろ一回転一回転、トルク高めで回すほうが効率がいいと思います。

・・と、そういった事情でフラットペダルでは、ケイデンスは低めでいいと思うのです。

 

低めといっても、どのくらい?

個人的にはいつも70回転くらいで回すのが、しっくりきます。

ケイデンス型が向くのか?トルク型が向くのか?というのは人によるところで、ここは個人差が出るので、
自分がしっくりくるケイデンスを探していく・・で、いいと思います。

 

この記事ではフラットペダルのケイデンスについて、お話ししてみました。

 

関連記事
ブルックスの革サドル「B17スタンダード」の乗り心地の良さ・デメリットなど、5年ほど使った経験をもとに解説しています。

 

雨降り問題なし・メンテナンスフリーなのに革サドルに迫る乗り心地の「カンビウム」について解説しています。

 

「ライディングスキル」に関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ