当サイトのおすすめアイテム
作りがしっかりしたフラットペダル

フラットペダルのケイデンスはどうする?90回転がいいの?


速く走るサイクリスト

ケイデンスは90回転がいい!

・・というのは、ロードレースなど自転車競技の世界では、よく言われることです。

 

もちろんそれはビンディングペダル・ビンディングシューズを使った状態でのことなのですが・・・

フラットペダルを使う場合だと、ケイデンスはどのくらいがいいのでしょうか?

 

私自身はビンディングを使ってはみたものの、すぐにフラットペダルに戻ってしまって、
その後も、もう8年ほどフラットペダルばかり使っている・・という、生粋のフラペ派です。

なのでこの記事では「フラットペダルのケイデンスは、どうする?」

そんなところをお話ししていきます。

「脚に合った、低めのケイデンス」がいいと思う

まず、結論からですが・・・

「脚に合った、低めのケイデンス」が一番だと思います。

 

つまりは90回転よりも低い、たとえば60回転とか70回転とかで、
かつ、自分の脚に合うな・・と思うケイデンス、ということですね。

 

なぜ、フラットペダルでは低めのケイデンスがいいのか?

ビンディングよりも「トルク型」気味のペダリングになるから、です。

 

ペダリングには「ケイデンス型」と「トルク型」とがあります。

ケイデンス型はくるくると、素早くペダルを回すタイプで・・・

トルク型は回転数が低めで、そのかわり強めのパワーで回すタイプですね。

 

そしてビンディングペダルは、足をペダルに固定しますので、
固定された足を正確に、くるくる回し続ける・・というペダリングになりやすいです。

なので回転数を上げたほうが、進みやすくなりますし、
実際ロードレースとかだと90回転のように、高回転で回す人が多いです。

場合によっては120回転とか、それ以上とかで回すことも多いですね。

 

なのですが・・フラットペダルは足を固定しないですので、あまりに高回転のペダリングには向かないです。

あまりに早く回すと、足が外れてしまうリスクが上がりますし・・・

 

そして基本的に引き足は使えませんので、固定するビンディングペダルに比べると、
1時 - 3時付近で、下方向にパワーを出すような乗り方になりやすいです。

私自身、いろいろ試行錯誤してみましたが・・
フラットペダルだと正しい円を描く!というより、タイミングよく「踏む」ほうがよく進むと感じました。

もちろん踏むタイミングを間違えると、単なるダメペダリングになるわけですが・・・

 

そういう乗り方だと、回転数を重視するよりも、
むしろ一回転一回転、トルク高めで回すほうが効率がいいと思います。

・・と、そういった事情でフラットペダルでは、ケイデンスは低めでいいと思うのです。

 

低めといっても、どのくらい?

個人的にはいつも70回転くらいで回すのが、しっくりきます。

ケイデンス型が向くのか?トルク型が向くのか?というのは人によるところで、ここは個人差が出るので、
自分がしっくりくるケイデンスを探していく・・で、いいと思います。

 

この記事ではフラットペダルのケイデンスについて、お話ししてみました。





運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ