ロードバイクに乗るとすぐ疲れるのは、心拍計で心拍数を管理すると解決できる!


心拍のイラスト

自転車で長距離を走るとき、
これまでは、感覚だけで体調を管理しながら、てきとうに走っていたのですが・・

心拍計を買って、「心拍管理」をするようにしたら、
圧倒的に疲れにくくなり、快適に走れるようになりました。

 

自転車で走っているとき、妙に疲れてしまうことはありませんか?

いつもと変わらない感覚で走っているのに、妙に、だるくなってきたり、
やたらと呼吸が苦しく、はあはあ言ってしまったり・・・

別に、特別にハードな飛ばし方をしているわけでもないのに、
なんだかきつい・・ということは、あると思います。

 

もちろん、いろいろな原因はあるのですが・・

実は、「心拍が上がりすぎている」場合があるかもしれません。

 

私は、自転車趣味において、レース志向というよりロングライド志向であり、
厳密なペース管理などすることなく、ゆったりと長距離を走るのが好みです。

そのため、これまで心拍数を管理して走ることなど無かったのですが・・・

ランニングを始めるようになり、それをきっかけに購入した心拍計を、
自転車でのロングライドにも導入してみたら・・・
上でお話したような、「なんだか疲れてしまう」ということが、大きく減りました。

 

自転車で走っているとき、自分の体にどの程度の負荷がかかっているのか・・ということは、
感覚ではわかりにくいものです。

特に、長距離をびゅんびゅん走り続けていると・・・
ランナーズハイならぬ、ライダーズハイとでも言うような、一種の興奮状態になっていき、
いくらでもペダルを回せる!という感覚になっていくことも、少なくないと思います。

ずっと運動していると、アドレナリンが出てくるんですね。

 

しかしながら・・ハイになってがんがん進んでいるときはいいのですが、
身体を酷使しすぎたツケは、あとになった必ず身体におそいかかってきます。

特に、ロングライドだと、ハイになっているうちはいいのですが、
その時間が終わると、妙に疲れ切ってしまうのです。

 

こういった、「ペースの上げすぎ」による疲れを防ぐために、
心拍計が効果を発揮します。

自分自身の感覚だけで、ペースを完全に把握するのは難しいのですが、
心拍計を使えば、心拍数という形で、数字で「見える化」できます。

心拍数は運動強度と関係が強いことは、ランニングの世界などで言われているとおりであり、
もちろん、自転車でのロングライド中でも有効です。

そして心拍計できっちりと心拍管理をすれば、
感覚的にはぜんぜん疲れを感じないけど、実はものすごいオーバーワークをしていて、
後になってやたらと疲れ切ってしまったり・・ということを、防げるかもしれないのです。

 

私は心拍計として、ランニングのために購入した、「Polar H10」という胸ベルト式の心拍計を、
そのまま流用しました。

 

 

Polar H10 心拍胸ベルト

ランニング趣味の方がよく使う、定番品とのことで、
私の場合は装着の違和感もなく、ズレてくることも全然ない、
なかなかの良品だと感じています。

 

そしてこれを、「Garmin Fenixシリーズ」などといったスマートウォッチとペアリングすると、
進むペース、移動距離などとあわせて、心拍数が表示されるのです。

私はガーミンウォッチを自転車用の「ナビ」として愛用していて、これがなかなかに便利なのですが、
「心拍管理」用途でも優秀だったりするのです。

 

心拍計には手首タイプのものもあり、アップルウォッチなどに搭載されていたりするのですが、
心拍の変化に対する反応が遅く、ふだんの生活の中の心拍を記録するなら良いのですが、
運動中の心拍変化をすばやく読み取る、といった用途には向かない・・という意見が一般的のようです。

そのため私の場合は、がっつりと走るときだけ胸ベルト心拍計できっちり心拍を管理し、
そんなに長く走らないときには心拍も測らない・・というスタイルにしました。

 

胸バンド心拍計と同期し、心拍数を表示してくれるサイクルコンピューターもあるようですので、
そういったものを選ばれてもいいかもしれません。

 

どのくらいの心拍数で走ればいいのか・・については、年齢から算出する公式などもあり、
また情報によっても違ってくるので、ここで一概には言いませんが・・・

私の場合は、ロングライドの最中で、
せいぜい130回/分を切るくらい、高いときでも140回/分以内におさめるようにしています。

140回/分を越えると、アラームや振動で通知するようにしてあるので、
アラームが鳴ったらペースダウン・・としておくと、
いつのまにか飛ばしすぎている、というのを自動的に、ほぼ完全に防ぐことができるのです。

逆に、こういったデバイスで心拍数を測ったり、アラームで止めてもらったりできずに、
170回/分だか180回/分だかの高心拍数で、気づかないうちにずっと走っていた・・という状態が、
オーバーワークによる身体へのダメージにつながってしまうのです。。

 

感覚だけで運動強度をちゃんと管理できる人には、無用のものなのかもしれませんが、
私にはどうやらその能力は無いようですので、
こういった道具に管理してもらうのが、どうやら良い方法のようなのです。

 

あくまで個人の感想にはなりますが、
こうやって、運動強度オーバーになってしまうことなく、
ペースを保って走ると・・

数十km、もしくは100km程度の距離を走ったあとの疲れ方が、
心拍数を使わない場合と比べて、明らかに低いです。

 

ロングライドをするとき、飛ばしすぎてオーバーペースになりがちで、
ロングライドが終わると疲れ果ててしまう・・という場合は、
胸バンドタイプの心拍計と、対応するスマートウォッチで心拍管理をしてみると、
ロングライドが終わったあとも、元気でいられるかもしれません。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ