CATEYEライトのハイパーコンスタントモードは、街乗りで最強だと思います


照射されたライトのイラスト

夜、自転車に乗っていて、車に気づいてもらえず、ひやっとした経験はありませんか?

私はあります。しかもちゃんとライトをつけていたにもかかわらず、です。

いろいろと調べてみると、自転車のライトは、車のライトなどに比べるととても暗いので、
まわりのライトたちに溶けこんでしまい、意外と気づいてもらいにくいもののようですね。。

 

しかし普通のライトに加えて、フラッシュ(点滅)タイプも使うようにしてからは、
車からなかなか気づいてもらえない、ということはなくなりました。

街中の自転車を見ていても、フラッシュタイプのライトを使っている自転車は、他の自転車と比べてもよく目立ちます。
特に街中だと、フラッシュする光は街灯などまわりの光に溶け込んでしまわないので、有効だと思います。

 

しかし点灯タイプとフラッシュタイプのライトを両方使うのは、なかなかに面倒です。

 

そのため私は現在、「CATEYE」というライトメーカーの、「ハイパーコンスタント」というモードを備えたライトを愛用しています。

ハイパーコンスタントモードは、普通のライトのように路面を照らしつつ、フラッシュ(点滅)タイプの光も同時に出すことができるモードです。

 

 

動画のように、前方をしっかり照らしながら、同時にフラッシュして周りに気づいてもらうことができます。

 

私も自転車生活が長く、いろいろなライトを試してきたのですが、このモードは、街乗りでは最強のモードだと思います。

実際にこのタイプのライトを点けて街中を走ると、路面はしっかりと見えますし、車は、かなりの遠くからでも自分を見つけて減速・回避してくれます。

歩行者やほかの自転車にも、しっかりと気づいてもらい、安全に通行することができます。

加えて、2本のライトを操作する必要はなく、ワンボタンで点灯・フラッシュの両タイプの光を出すことができるので、とてもラクです。

 

このハイパーコンスタントモードは、CATEYEの中でも、主に「VOLT」というシリーズによく備えられています。

 

キャットアイのハイパーコンスタント搭載ライト

 

キャットアイのハイパーコンスタント搭載ライト

 

機種によって変わってしまうかもしれませんので、最終的には自身にてご確認いただくしか無いのですが・・・

VOLTシリーズはハイパーコンスタントモードがあるだけではなく、
ワンボタンで光量を上げることができ、郊外のように真っ暗なところではさっと光量を上げて走ることができたり、逆に歩行者がとても多い場所ではフラッシュが無いモードに切り替えたりできます。

品質もなかなかに高く、筆者も愛用しているシリーズです。

 

自転車に使うライトで、CATEYEシリーズと並んで優秀だと思うものに、
18650バッテリータイプのライト」というものがあるのですが・・・

ハイパーコンスタントモードはそのタイプのライトにも無く、
基本的にCATEYEライトのみの機能なので、
それだけでもCATEYEライトには、他のライトには無いアドバンテージがあると言える・・と思います。

 

特に街乗りメインで自転車を使われる方は、
CATEYE VOLTシリーズを選び、ハイパーコンスタントモードを使うと、
夜でも快適に自転車に乗れるようになると思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ