自転車の荷物を、長時間走るときでも雨からしっかり守る方法


ガラスと雨粒

自転車で、雨の中を走るとき・・・
バックパックに防水カバーを掛けたり、
防水バックパックを使ったりしても、
長時間たつとやっぱり、水がしみこんできてしまうことは多いです。

この記事では、電子機器など濡れてはいけないものを、長時間、自転車で走るときでも濡らさないための、
一歩、踏み込んだノウハウについてお話ししていきたいと思います。

 

雨の中を自転車で走る機会はあると思いますが、
自転車走行中は、基本的に傘をさすわけにはいかないので、
荷物の濡れに関しては、バックパックなどバッグ自体に防水性を持たせて、
対応することになると思います。

オルトリーブ製などの優れた防水バックパックを使うのは有効だと思いますし、
通常のバックパックに、レインカバーを装着してもよいでしょう。

しかしそれだけだと、長時間走行や大雨などのシビアな状況だと、
浸水してしまう場合があります。

また、バックパックを空けているときの雨の降りこみや、濡れたレインウェアなどを荷物に入れることによる水の移りにも対応できません。

 

そのため、バッグに入れる荷物の中で、電子機器類など濡らしたらまずいものだけを、
防水ポーチなどの中にいれておくことをおすすめします。

防水ポーチに入ったアイテム

防水ポーチに入ったアイテム

このように防水ポーチに入れておけば、
たとえバッグの外から浸水してきてしまっても、
防水ポーチによって水が防がれるため、浸水にかなり強くなります。

加えて、防水ポーチの中に乾燥剤を入れておくと、
湿度の上がりすぎによる結露などにも対応でき、より良いでしょう。
(乾燥剤は、Amazonなどで使い勝手の良いものを、かんたんに入手できます)

 

タブレットなど、ポーチに入らないサイズのものは、
タブレット用の防水パックなどに入れておくのもおすすめです。

防水スリーブに入ったiPad

電子機器など濡らしたらまずいもの以外に、
濡れたレインウェアや濡れた服なども、
今度は中から外に水が移らなくなるようにするために、防水袋などの中に入れてしまいます。

レインウェアと防水袋

(レインウェアを、左の防水袋の中に入れます)

こうすることにより、濡れたレインウェアから濡れたらまずいものに水が移るのを防ぐことができます。

 

防水袋などのアイテムは、
Amazonで見つけることもできますし、
登山ブランドであるmont-bellや、防水系アイテムブランドであるORTLIEBなどで探すと、いろいろなものが売っています。

防水性が低い製品を選ばないよう気をつけなながら、ご自身が入れたいアイテムの量やサイズに合った製品を選んでいただければ、と思います。

 

上記のようなことをしておくと、
ロングライドのように、雨の中を長時間走行するようなシビアな状況であっても、
電子機器など濡れたらまずいものを濡らさずに済むようになります。

 

雨の中を走ることが少ない方であっても、
濡れに対する保険のような効果を持ちますので、
試されてみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ