自転車の補給食には、えいようかんなどの羊羹がおすすめ


ようかん

自転車で走るとき、水分補給用のボトルに加えて、
補給食を持っていくことは、多いと思います。

短距離であれば、補給食の携帯は必要なかろうとは思いますが、
自転車での長距離走行は、予想外にカロリーを消費するため、
補給食を携帯していないと、
必要なカロリーをなかなか補給できないことになります。

ハードな長距離ライドでは、思った以上に糖分を消耗してしまい、
そうなると脳がうまく働かなくなり、ぼーっとしてしまい危険です。

それがさらに進むと、「ハンガーノック」という、血糖値が限界以上まで下がってしまった状態になります。

私も経験がありますが、こうなってしまうと身体に力が入らなくなり、ペダルをぜんぜん回せなくなります。
さらに判断力もものすごく下がってしまうので、事故につながる可能性もでてきてしまいます。
ハンガーノック状態は、糖分を口にいれればすぐに回復するので、やはり糖分を補給できるようなものを携帯しておくほうがいいでしょう。

 

今回は、主に長距離走行をするときの、
補給食の選び方について、
考えていきたいと思います。

 

まず補給食を選ぶとき、落ちがちな落とし穴が、
水分の少ない食べ物を選んでしまう、ということです。

たとえばカロリーメイトなど、水分が少ない食べ物は、
食べるときに身体から多くの水分を奪っていってしまいますし、
また食べるときに、いっしょに多めの水を飲む必要がでてきます。

水分が容易に手に入る場所なら、あまり問題にならないとは思いますが、
たとえば山中や離島を走るようなときは、シビアな問題になることがあります。

私は自転車で石垣島一周をしたことがあり、その際深く考えずに補給食としてカロリーメイトを持っていったのですが、
走行中なかなか自販機もなく水分が手に入らず、パサパサしてどんどん水分を奪う補給食を持ってきたのを後悔しました。

 

また、携帯のしやすさも重視したいところだと思います。

自転車に乗るときは、荷物を最小限に減らさなければならないことが多いため、
あまり場所をとってしまう食品は避けたいところです。

また、バッグの中で簡単につぶれてしまうような食品も避けたほうがいいと思います。
そのため、おにぎりなどは長時間持ち運ぶには向かないと思います。

 

以上のようなことを考え、
私としては、ようかん系の食品を勧めたいと思います。

たとえば、Amazonで手に入るものとして、「えいようかん」があります。

えいようかん

これは箱状の省スペースで高カロリーであり、パンやカロリーブロックと比べると多くの水分を含んでいます。

また非常食としても人気の製品で、消費期限が5年もあるため、
私は災害などに備えた非常食として、えいようかんをたくさん家に常備しており、
ロングライドなど補給食が必要なときに持ち出し、
減ったらそのぶん買い足す、という使い方をしています。

もちろん、出先のコンビニなどで調達してもよいと思います。
コンビニにえいようかんは売られていないようですが、
ようかん製品は売られているので、そのようなものでもよいと思います。

補給食になにを選ぶかは、味の好き嫌いなどで、
個々で別れてくるところとは思いますが、
ご参考までに。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ