ドロップハンドル化クロスバイクと、ロードバイクのいちばんの違いは「トップチューブ長」です


ドロップハンドルクロスバイク本体

クロスバイクのドロップハンドル化は、けっこう、よくされるカスタムです。

 

クロスバイクを買ったけど、ロードバイクが欲しくなった、というとき・・・

クロスバイクにドロップハンドルをつければ、ロードバイクになるじゃん!」

・・・というのは、誰もが一度は思うことだと思います。

 

例によって、私もそう思いましたし、
結局、それを実行しました。

具体的には・・・冒頭の画像のように、
「GIANT Escape RX」という、もともとバーハンドルのクロスバイクに、
ドロップハンドルを装着しました。

 

実際、それをやれば、ロードバイクに近いものができあがるのですが・・・

 

しかし・・「ドロップハンドル化クロスバイク」というのは、
実現するための改造も、なかなか難しく、
また完成したとしても、ふつうのロードバイクとはかなり違う、ピーキーな性能のものになったりします。

 

見た目、ほとんどロードバイクと一緒だし、
べつに、ロードバイクと変わらないのでは?・・・と、
もしかしたら、思われるかもしれないのですが・・・

 

まず、いちばんのポイントとしては、
「トップチューブ長」が、決定的に違ってきます。

 

クロスバイクのトップチューブは、かなり、長いです。

 

たとえば、GIANT TCR SLというロードバイクのトップチューブと、
GIANT Escape RXというクロスバイクのトップチューブとを比べてみると、
クロスバイクのほうが、2-3cmほど長いです。

これは、他のロードバイクとクロスバイクの比較でも、
だいたい、こんな感じです。

フラットハンドルは、前方向に短いですので、
ハンドルが近くなりすぎないよう、距離を稼ぐために、
クロスバイクではトップチューブを長くしてあるんですね。

 

そしてトップチューブ長というのは、ホイールベースやリアセンターと並んで、
自転車の乗り味に、ものすごく大きい影響を与えます。

なので、たとえばフラットバーロードとクロスバイクを比較しても、
トップチューブ長がぜんぜん違うので、まったく違う乗り味になってくるのです。

 

トップチューブがもともと長いクロスバイクでも、
前に短い「フラットハンドル」であれば、ちょうどいいわけですが・・

ここに「ドロップハンドル」をインストールするとなると、
ちょっと、話が違ってきます。

 

「クロスバイク」と「ドロップハンドル」を組み合わせると・・・
長いトップチューブと、長いハンドルとの組み合わせになるので、
ハンドルまでが、ものすごく遠くなるんですね。

ロードバイクと比べて、だいたい2cm、長くなります。

たった2cm・・と思われるかもしれませんが、
乗り味というのはポジションがたった数mm、違うだけでもかなり変わりますので、
2cm・・・つまり20mmも違えば、そうとうに変わってきます。

具体的には、トップチューブやハンドル、つまり「フロント部分」が長くなればなるほど、
自転車は「直進しやすく、曲がりにくく」なります。

なので、ロードバイクと比べて、安定性に極振りしたような、そのかわり機敏さを失ったような、
かなりピーキーな性能になるのです。

 

場合によっては、ハンドルが遠すぎて、手が届かなくなったりするかもしれません。

 

それならかわりに、ステムを短くすればいいのでは?・・と思われるかもしれませんが、
ステムを極端に・・つまり80mm未満くらいまで短くすると、
それはそれで、自転車は、変に不安定になっていきます。

なので、クロスバイクをドロップハンドル化するときには、
ロードバイクと比べて、トップチューブがやたら長い自転車になるんだ・・ということを、
把握しておくほうがいいと思います。

 

 

ちなみに最近ですと、GIANTからは「Escape R DROP」といった、
もともとクロスバイクに、ドロップハンドルをつけたような完成車も、発売されたのですが・・・

この自転車は、ジオメトリー表を見ていただければわかるのですが、
トップチューブ長が、「Escape R」や「Escape RX」よりかなり、短いです。
(フレームサイズにもよりますが、だいたい2-3cm短いですね)

つまり、「Escape R DROP」は、ドロップハンドル前提で、フレームジオメトリーから再設計された、
ふつうの「ドロップハンドル化クロスバイク」とはまったく別物だと思います。

 

 

ロードバイクと、ドロップハンドル化クロスバイクの、もうひとつの違いとしては・・・
基本的にキャリパーブレーキではなく、Vブレーキ仕様になる、ということですね。

 

ロードバイクは、ほぼすべての車種で、キャリパーブレーキが採用されているのですが・・・
(最近はディスクロードもでてきていますが、まだまだ、ほとんどがキャリパーです)

クロスバイクは、ほとんどの車種で、
キャリパーブレーキではなく、「Vブレーキ」が採用されています。

 

そして、Vブレーキ用のフレームに、キャリパーブレーキを装着することは、
基本的にできません。

なので、ドロップハンドル化クロスバイクでは、
Vブレーキを装着するしか無いのですが・・・

「ドロップハンドルのブレーキ」・・・つまりSTIレバーといったものは、
ワイヤーの引き量が、バーハンドルのブレーキより小さいので、
ふつうのVブレーキだと、ちゃんと動作させることができないです。

 

なので、ドロップハンドル化クロスバイクを作りたいなら、ふつうは、
「ミニVブレーキ」を調達しなければいけません。

TEKTROのミニVブレーキ

そして、ドロップハンドルとミニVブレーキに組み合わせは、
公式に奨められている組み合わせではありません。

そのため、組み合わせるのは自己責任になりますし・・・
実際に、うまく動作する組み合わせかどうかは、組んでみるまでわからないところだったりします。

 

一応、参考として・・・
私は、GIANT Escape RXをベースに、
SHIMANO STIレバーの「ST-4600」と、ミニVブレーキとして「TEKTRO RX5」を組み合わせたところ、
トラベルエージェントとかの、引き量変換パーツといったものを使うこともなく、正常に動作させることができました。

また、上で紹介しました「GIANT Escape R DROP」は、
完成車で、STIレバーにミニVブレーキ、という組み合わせなのですが・・・
この記事の執筆時点で、「SHIMANO CLARIS」のブレーキレバーと、「TEKTRO RX1」ブレーキが組み合わされていました。

 

実際に完成車で、正常に動作するかは、ご自身で試していただくほか無いとは思います。

 

「クロスバイクのドロップハンドル化」は、ピーキーな性能になりやすいです。

また、難易度的なハードルもそれなりにあったりするのですが・・・
しかし、そのハードルを乗り越えていくのが楽しかったりしますし、
それでメンテナンステクニックも、上げることができるかもしれません。

整備スキルさえあるのであれば、
クロスバイクに簡単に、ロードバイク並の走行性能を持たせることができる、良いカスタマイズになるかもしれませんので、
チャレンジしてみてもいいのではないか、と思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ