クロスバイクでのサイクリングを楽しむコツを紹介!

海沿いのクロスバイク

クロスバイクで、サイクリングがしたい!

ので・・楽しく走るコツが知りたい!

 

クロスバイクはサイクリングに、すごく向いた自転車です。

ロードバイクよりはかなり乗りやすく・・

それでいて走りが軽やかで、観光地などをふらふらサイクリングするのに最適です。

 

そして、クロスバイクでのサイクリングをより楽しくする方法、というのもあります。

例えば「乗り方」とか、車体の「カスタマイズ」とか、ですね。

 

それらによって、より疲れずに乗れるようになったり・・

より抵抗なく、スムーズに走れるようになったりなど、メリットは大きいです。

 

私自身、クロスバイクでのサイクリングはよくやりますので・・

この記事では「クロスバイクでのサイクリング」のコツをテーマにお話していきます。

「乗り方」ひとつで、ラクに走れる

クロスバイクはふつうに漕いでも、走ります。

しかし・・よりラクに、快適に走れるのなら、そのほうが良いはずです。

 

たとえばサイクリングの最中、ずっと肩が凝ってしまったり・・

漕いでも漕いでも、なかなかスムーズに自転車が進まなかったり・・

もしくは漕いでいるうちに、脚が痛くなってしまったり・・

 

クロスバイクでのサイクリングの最中、そんなふうになってしまうと・・

「楽しさ」はかなり、減ってしまうと思います。

 

そして例えば「疲れにくい漕ぎ方」といったものがあります。

例えば、効率よく脚の力をペダルに伝える・・「ペダリング」とかですね。

 

ペダリングとは、要するに「上手い漕ぎ方」のことですが・・

このペダリングをぜんぜん工夫していない状態と、ある程度できている状態とでは・・

個人的な体感ですが、疲れ方に2倍以上の差が出ると感じます。

 

私自身、以前はクロスバイクでサイクリングをしていて・・

なんだかすぐ疲れるなぁ・・と思うことが多かったです。

 

そして「ペダリング」をちゃんとすると良いらしい!と知って、いろいろ試行錯誤してみたところ・・

する前と比べて、明らかに疲れにくくなった!

という経験があります。

 

ペダリングについては、自転車趣味が長い方だったりすると、常識なのかもしれませんが・・

もし、クロスバイクを買ったばかりで、これからサイクリングを楽しんでいきたい!

そういう状況だと、そもそも「ペダリング」という考え方を知らない、ということもあると思います。

 

もしそうなら、ペダリングについていろいろ考えてみる!

というのはかなり、おすすめです。

 

クロスバイクで快適にサイクリングを楽しむためには、他にもいろいろなコツはありますが・・

具体的なところについては、

クロスバイクで安定して・速く走るにはどうすればいい?その「クロスバイクならでは」のコツを解説しています。
ロードバイクではなく「クロスバイク」で長距離を快適に走る、クロスバイクならではのコツを紹介しています。

上の記事たちで解説しています。

「車体のカスタマイズ」は、かなり有効

どんなふうに身体を使って乗るか?といった、「乗り方」のほうも大事ですが・・

「車体」のほうのカスタマイズをしても、サイクリングはより快適になります。

 

たとえば「おしりが痛くなりにくいサドル」を選んだり・・

「足が滑りにくいペダル」に変更したり・・

もしくは快適な「ハンドルの高さ」

 

そういった優秀なパーツに換えれば・・

せっかくのサイクリングなのに、おしりが痛くなって、楽しむどころじゃなかった。。

とかいったことになる可能性が、減ります。

 

なのでクロスバイクの、快適なサイクリングを実現したい!と思われるのであれば・・

パーツをいろいろ試行錯誤してみる!というのは結構、役立つことなのです。

 

クロスバイクのカスタマイズの、いろいろな選択肢については、

クロスバイクを改造したい!けど、具体的にどこをカスタムする?必要なパーツは?注意点は?などなど解説しています。

上の記事で、詳しいところまで解説しました。

 

 

中でも、簡単にできて、インパンクトが大きいカスタムが・・

「ハンドルの高さ調整」です。

 

クロスバイクではロードバイクを真似てか、ハンドルをおもいっきり低くしよう!とされがちです。

私自身、かなり長い間やっていたのですが・・

クロスバイクに乗っているときつい・・なら「浅い前傾」に変えてみると快適になるかも?詳しく解説しています。

上の記事にも、詳しく書いたように・・

クロスバイクのハンドルの高さは結局、その人に合った高さがいちばんです。

 

ハンドルの高さをきっちり調整できれば、身体に無駄な負担がかかりにくくなりますので・・

たとえば肩こりとか、腰痛とかを軽減できるかもしれないです。

 

クロスバイクのハンドルの高さは、どう整える?

その詳しいところは、

クロスバイクのハンドルの高さって、なにを目安に決めればいいの?試行錯誤してきた経験をもとに解説しています。

上の記事で解説しました。

「走る場所選び」が、超重要

クロスバイクでのサイクリングを楽しくするには・・

「走る道選び」もかなり、大事です。

 

「快適で走りやすい道」を探して、サイクリングする

ということですね。

 

具体的には・・たとえば「景観の良い、川沿いのサイクリングロード」とか・・

街中なら「やや郊外の、人や車が少ないエリア」とかです。

 

そういった道だと、ごちゃごちゃしませんので・・

「走るときの快適さ」が格段にアップします。

そして快適に走れれば、それだけ楽しいサイクリングになるはずです。

 

こういった道を探し出すには、それなりに走り回らないといけないですので・・

特にクロスバイクを買ったばかりとかだと、なかなかそういう道は見つけられないものです。

なので「走りにくい道」ばかりを走ってしまうものなのですが・・

 

サイクリングをしよう!と思ったら、ちょっと足を伸ばして「走りやすい道」を探し出すようにしてみると・・

より快適なサイクリングが楽しめるかもしれないです。

 

 

今回はクロスバイクでのサイクリングを楽しむコツをテーマに、お話ししてみました。

関連記事
乗り心地重視のロングライド向けサドル「サンマルコ リーガル」を徹底レビューしています。
前後の体重移動がしやすい優秀サドル「フィジーク アリオネ」を解説しています。
痛い!もう走れない!となりがちな「股擦れ」を防ぐための、コツやおすすめ製品など解説しています。
自転車の乗り方に関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【よく乗るエリア】福岡まわり

【自転車趣味歴】9年くらい

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
◇いつかオランダに住んでみたい
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagramPinterest
 

よく読まれている記事
カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ