自転車通勤で最強は「折りたたみ自転車」!ロードバイクよりクロスバイクより優秀!


通勤する人々

満員電車に揺られながらの、毎日の通勤・・・

 

ロードバイクでも手に入れて、
びゅーーんと、かっ飛ばして、
通勤ラッシュと無縁で会社に着けたら・・・どんなに良いだろうか?

よし、やってみよう!!

 

こうして私は、自転車通勤を始めてみたのですが・・・

まあ、現実には、信号とかクルマとか歩行者とかに止められるので、
サイクリングロードを走るように快適な通勤は、無理でした・・・

しかしそれでも、満員電車にぎゅうぎゅう詰めになるよりは、
はるかに快適に、しかも早く通勤できるようになり、
その後もかなり長い間、自転車通勤を続けていました。

 

しかし・・・ここで、ものすごく重要になってくるのが、
通勤するための自転車選び、です。

ママチャリ、クロスバイク、マウンテンバイク、ロードバイク、
シクロクロス、グラベルロード、ピストバイク、折りたたみ自転車・・・

それぞれ、いろいろな特徴があるのですが・・・
果たしてどれが一番、自転車通勤や自転車通学に、向いているのでしょうか?

 

個人的な答えは、折りたたみ自転車、です。

折りたたんだブロンプトン

(ちなみにこれは、所有する「ブロンプトン」です)

 

人によって答えが変わってくるところなのは、
もちろん、言うまでもないことなのですが・・・

 

私としては、折りたたみ自転車の「折りたためる」という特性が、
「通勤」という特殊な状況とベストマッチして、
他の自転車よりも圧倒的に使いやすいな・・と、感じました。

 

折りたたみ自転車が、圧倒的に通勤に向くと思う、
その、理由なのですが・・・

 

いつでも即座に、タクシー輪行ができる

 

たとえば始業前、そんなに時間に余裕もない中、自転車で会社に向かっていて・・・

パンクした!!・・・

 

そんなとき、折りたたみ自転車なら、
近くを走るタクシーを呼び止めて、10秒くらいでさくっと折りたたみ、
そのままタクシー輪行で、会社まで向かうだけです。

始業に遅れることはないでしょう。

 

実際に私も、そういう状況になったことがあるのですが、
自転車がトラブルでいきなり使えなくなっても(もちろん、パンク以外のトラブルもあり得ます)、
いつでも輪行できる・・というのは、ものすごい安心感です。

 

もちろん、トラブルが起きたのが、会社まで着ける駅の近くなら、
駅から電車輪行してもOKです。

 

これがもし、ロードバイクなどだったら、どうなるか?

 

ロードバイクなどの一般的なスポーツバイクだと、
輪行準備完了まで、10分から15分はかかります。

まあ、タクシーに積む準備だけでしたら、もうすこし短いかもしれませんが・・
それでも折りたたみ自転車に比べると、圧倒的に、大変です。

 

そして、輪行形態にしたとしても、
かならずタクシーに積めるとも限りません。

実際、載せるのを断られてしまう例もあるようですね。

 

その場合、その場からタクシーなどで会社に向かおうとするなら、
ロードバイクは鍵などを掛けてその場に、置いていくしかなくなってしまいます。。

あまり頑丈な鍵を持っていなかったとすれば、盗難にあうかもしれませんし、
会社が終わったあとも、自転車でまっすぐ家には帰れず、
停めた場所までタクシーなどで戻ってこなければいけません。。

考えただけでも、大変です。。。

 

と、通勤の途中というのは、
「すぐに輪行できる」というメリットがものすごく大きくなるので、
これができる折りたたみ自転車は、ものすごく、有利なのです。

 

折りたたんで会社に持ち込める

 

これはもちろん、会社によると思うのですが・・・

私の会社は、ふつうに持ち込むことができたので、
これはすごいメリットでした。

当然、会社の中に持ち込めば、盗難のリスクは大きく下がりますよね。

 

そして・・私は、雨が降ったりしていない時は、
いつも、駐輪場などに停めていたのですが・・

 

緊急事態に、会社の中に入れることができた・・というのも、
なかなかのメリットです。

緊急事態ってなんやねん・・ということなのですが、
私が実際に経験したこととしては・・・

 

鍵をかけようとしたら突然、鍵が、鍵穴の中で折れました

前触れもなく、突然、です。

 

なんか変な感触がして、ん?と、鍵を見たときの悲しい気持ちは・・
いまも、覚えています(笑)

 

まあ、鍵自体は、なんとかして折れた鍵を取り出したり、
最悪、鍵を買い換えればいいのですが・・・

最悪なことに、それが「始業の直前」でしたので、
自転車をとりあえずどこに置くのか?・・という問題が発生します。

 

鍵が壊れて、使えないわけですが・・・
かといって無施錠で、屋外に何時間も停めておくのは、
特に高価な自転車ですと、怖すぎますよね。。。

たっぷりと時間があるのなら、近くの自転車屋まで行って、
とりあえず新しい鍵を調達してもいいのですが・・・
時間がないなら、そうもいきません。

預かってくれる場所といったものも、周囲には、ありませんでした。。

 

これがロードバイクなどだったとしたら、
ちょっと、どうしようもなくなっていたことでしょう。。

 

しかし、折りたたみ自転車であれば、
そのまま折りたたんでさくっと会社に持ち込み、
終業まで、保管しておくだけです。

終業後、鍵を修理するなり、新しい鍵を調達するなりしてから、
会社から自転車を回収すれば、なんの問題もありません。

 

・・・と、ここもかなりの有利ポイントです。

 

ホイールが小さく小回りがきく

 

ロードバイクはホイールが大きく、
折りたたみ自転車は、ホイールが小さいです。

これはまあ、一般的には、あたりまえです。

 

そして普通は、スピードが出て安定する、大きいホイールのほうが、
有利になるわけですが・・・

実は、通勤という状況に限れば、小さいホイールのほうが有利です。

 

そもそも通勤で、最高速度なんてそうそう、出せません。

もちろん、状況によって変わるのですが・・・
街中にある会社に向かう道なら、だいたい、
歩行者・ほかの自転車・信号といった、自転車にとっての障害ばかりです。

そういう要素が多いと、なんども、止まらざるを得ないわけで・・・

そうなってくると、高速巡航ができるロードバイクも、折りたたみ自転車も、
スピードは大して変わりない・・ということになるわけです。

 

実際、私はロードバイクでも折りたたみ自転車でも、
何度も通勤しているのですが・・
到着までの時間はだいたい、同じくらいになります。

小さいホイールのほうが、加速が速い、というのも、
影響しているかもしれません。

 

 

・・・と、「折りたたみ自転車 x 通勤」は、
実は、相性抜群だったりするのです。

そのため私は自転車で通勤するときは、
いまは、ほぼ100%、折りたたみ自転車を使うようにしています。

 

それ以外にもたとえば、遠い仕事場に行くときは、
行きだけ電車輪行で行って、
遅刻の心配がない帰りだけ、自走で楽しくロングライド・・ということも、できます。

 

もし、自転車通勤をやってみたいな・・と思われていたり、
すでにロードバイクなどで通勤している・・という場合・・・

通勤に「折りたたみ自転車」を導入してみると、
もしかしたら、最強の快適さが得られる・・かもしれません。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ