自転車チェーンのサビ対策!予防の方法を徹底解説!


サビサビのチェーン

チェーンのサビは、自転車乗りの大敵です。

 

チェーンの錆を、一度も経験したことがない方は、
おそらく、あまりいないと思います。

 

いつものように、ロードバイクに乗ろうとして、
ふと、愛車を見下ろし・・・

 

いつのまにか、チェーンにぽつぽつ浮かんだ、茶色い点・・・

まじか!とショックを受けた経験は、私にも何度かあります。

 

しかしチェーンの錆は、しっかり対策さえしておけば、
基本的にちゃんと、予防できるものです。

 

以下、チェーンの錆を防ぐ方法を解説していきます。

室内保管

まずは、何はともあれ、室内保管です。

他になんの対策もしていなくても・・・

室内保管さえちゃんとしていれば、チェーン錆の多くは防げると思います。

 

いろいろな人が書いている情報を見ても、そう思いますし・・・

実際、私が過去にチェーン錆を作ってしまったときは、
すべて、屋外に置いてしまっていた場合でした。

 

そして室内保管は、チェーンだけではなく、
スプロケットとか、鉄製の場合はフレームとか、
他のいろいろなパーツの錆防止にも役立ちます。

 

もちろん家や部屋に、自転車を置けるスペースが無いなど、
なかなか室内保管が難しい場合も、あるとは思いますが・・・

たとえば自転車を縦にして置いたり、高いところに置いたりするラックもあります。

なのでチェーンの錆を防ぎたいのであれば、そういったものを駆使してでも、
なんとかして、室内保管を実現する・・というのが、最優先になってくると思います。

 

どうしても室内保管が難しいのなら、
せめて車庫の中とか、屋根つきの場所に保管するようにするほうがいいと思います。
(それでも、室内保管よりは錆止め効果はかなり落ちますが・・・)

雨の中を走ったあとは、徹底的に水分を取る

室内保管するのは、まず、大前提として・・・

 

次に重要なのは、雨の中を走ったらちゃんと水分を取る!と、いうことです。

 

チェーンは、ちゃんと注油しているなら、オイルでコーティングされてはいるのですが、
それでもやっぱり水分が残っていると、錆びやすくはなってしまいます。

 

フレームとかなら、タオルとかで拭いてもいいのですが・・・
チェーンをタオルなどで拭くともちろん、オイルで真っ黒になってしまって、そのタオルはもう使えなくなります。

チェーンに繊維が絡みつくかもしれません。

なのでチェーンを拭くなら「ウェス」とかの、使い捨てで、繊維が絡まりにくいアイテムを使うといいと思います。

 

 

あとは・・・室内保管なら、裏技として「除湿機」が使えます。

 

衣類を入れて乾燥させる「乾燥機」ではなく、
部屋全体の水分を取って、衣類などを乾燥させていくものですね。

 

私は衣類を洗濯したあとは、部屋干しをしたうえで、
いつも除湿機を使って、乾燥させているのですが・・・

衣類たちを干すのと同じスペースに、自転車を室内保管しておけば、
除湿機を使えば自動的に、自転車もいっしょに乾かすことができます。

 

もちろん、生活している空間で除湿機を使うと、
カラッカラになって、生活しにくくなりますので・・・

除湿に使える部屋をひとつ用意できたり、
扉などで、生活空間と除湿する空間を分けたりできる・・というのが、必要です。

 

しかし、それさえできるのなら、
雨の中を走ったあとは、除湿機を掛けておきさえすれば、
チェーンの水分も、ついでにフレームとか他の部分の水分も取ってくれますので、サビ対策になります。

注油

まあ、ここは言うまでもない、当然のことかもしれませんが・・・

チェーンには定期的に、チェーンオイルを差しておかないと、錆びます。

 

どのくらいの頻度で差すのか?も、人によるでしょうが・・・

私は一ヶ月ごとの繰り返しタスクにして、スマホのタスク管理アプリに入れてしまい、
定期的に、確実にやるようにしています。
(頭で覚えようとするだけだと、忘れてしまうたちなので・・笑)

 

個人的にチェーンオイルは、汚れがつきにくいドライ系がおすすめです。

ドライ系はウェット系と比べて、長持ちしにくいのですが、
私の経験上はドライ系でも、一ヶ月おきくらいで注油しておけば、錆が出ることはありませんでした。

 

オイル差しをさぼっていたとしても、室内保管さえしていれば、
そうそう、サビは出ないのですが・・・

さぼっている場合、「室外に放置」した瞬間、いっきに錆がでてきますので、
注油は忘れずにちゃんと、やるほうがいいです。

錆びてしまったら、交換しよう!

いろいろやったとしても結局、錆びるときは、錆びます。

 

そして錆びてしまったら・・・

無理に錆落とししようとはせずに、交換してしまうほうがいいと、
個人的には思います。

 

金属に浮いたサビは、真鍮ブラシとか、錆取り消しゴムとかを使えば、
けっこう、消せるものなのですが・・・

「自転車のチェーン」というのは、凹凸がすごく多いものですので、
そういう道具を使ったとしても、サビをちゃんと落とすにはすごい時間・労力がかかってしまいます。

 

そして自転車のチェーンは、1本1,000円とか2,000円とか、そんなものですし、
錆びが起きてしまうとしても、1年に1回とか、そんなものです。

2,000円/年とかを、ケチる理由はまあ無いと思いますし、
チェーンを交換してしまえば、サビと並ぶチェーントラブルの「チェーン伸び」も、完全にリセットできます。

 

・・・と、いうわけで、
チェーンが錆びてしまったなら、それはもう諦めて交換してしまうほうが、
いろいろな面で良い・・と、思います。

 

 

以上、自転車チェーンの錆対策方法について、語ってみました。

 

チェーンの錆は、すごく目立ちますので、
チェーンが錆びているだけで「この人、自転車の手入れ、ちゃんとできていないんだなぁ・・」とか、思われかねないものです。

 

もちろん実用面としても、ペダルを回す抵抗が上がってしまいますし、
少しだけでしょうが、走れる距離が短くなってしまったり・・ということにも、なりかねません。

 

ぜひ、いろいろ試行錯誤して、
チェーンの錆は徹底的に予防しましょう。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ