ロードバイクのチェーン交換時期はいつ?伸びの目安は?


自転車チェーン

あなたのロードバイクのチェーン・・まだ、大丈夫ですか?

 

と、少し煽るような感じで入ってしまいましたが・・笑

例えばタイヤの空気圧については、チェックされやすいのですが、
「チェーンの状態」というのは意外と、忘れられやすいところです。

いつの間にかチェーンが伸びていて、トラブルのもとになってしまった・・なんていうケースも、けっこうあります。

 

なのでこの記事では、チェーンの交換時期はどう把握するのがいいのか?

どのくらいの頻度を目安に、交換するのがおすすめか?

そういった疑問に答えていきます。

「5,000km」が、まあ妥当

チェーンを交換する目安は、いろいろあります。

期間ごと・・とか、トラブルが起きたら・・などなど。

 

ですがいちばん妥当な目安は、「距離」だと思います。

そして数字としては「5,000km」が、妥当だと思います。

 

なぜか?

1万km走ったくらいで、チェーンが切れてしまう可能性が上がるからです。

 

1万kmくらいでチェーンが切れる・・とした根拠は、この記事に書いたのですが・・・

 

行かずに死ねるか抜粋

書籍「行かずに死ねるか!(著者:石田ゆうすけ)」より引用

 

たとえば自転車で世界一周している人の、こういった記録があり、
この「走行距離」を「チェーン切れの回数」で割れば、だいたい1万kmになります。

なのでチェーンが切れるほどの深刻なトラブルは、だいたい1万kmくらいからかな・・

というのが、ざっくりとした目安になると思います。

 

そしてもちろん、トラブルが起きるギリギリまで乗り続けるのは、あまりよくないでしょう。

1万kmでそうなるのなら、リスクが上がってこないのはまあ、半分の5,000kmくらい・・・

というのが、まあ、妥当な目安・・というところだと思います。

「チェーンによる不具合」の気配がしたら、交換

5,000km走っていなくても、「チェーンからくる不具合」だな・・という症状がでたら、交換するべきだと思います。

 

不具合って具体的に、なに?

例えば「変速のしにくさ」とか、「歯飛び」とか、「異音」とか、ですね。

そしてこういった症状が、チェーンから起きていることを疑うとき・・です。

 

なかでも「歯飛び」はけっこう、チェーン劣化で起きやすいと思います。

「歯飛び」についての詳しいことは、この記事に書いているのですが・・・

チェーンを長いこと使っていて、ペダルを踏んだときにチェーンが「ガクッ!」とずれるようになったら・・要注意です。

 

とはいっても、症状が起きたら必ず交換するべき!・・というわけではないです。

例えばチェーンを交換した直後は「慣らし」がまだ済んでいない状態なので、こういった症状が起きやすいものです。

 

ので、数千km走っていて、しかも、症状が起きてきた・・みたいな状況なら、交換しよう!

といった総合的な判断が、結局は必要になってきます。

 

 

と、ロードバイクのチェーン交換時期は「走行距離」「不具合はあるか」を軸に、総合的に判断するのが一番だと思います。

 

例えば「チェーンチェッカー」といったアイテムも有り、このあたりを補助的に使うのもいいと思います。

 

今回はロードバイクのチェーン交換時期についてお話ししてみました。


スポンサードリンク



運営者:ドクターゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ