ブロンプトンの走行性能はどう?他の折りたたみ自転車よりも遅いの?


川沿いのブロンプトン

ブロンプトンって、なんとなく「まったり専用」みたいな、のんびり走るようなイメージがあるけど・・・

実際、どのくらい走れるの?

 

ブロンプトンでロードバイクみたいに、車道をスピード出して、ガーッと走りたいけど・・
そういうことは、ちゃんとできるの?

 

私はもう7年間ほど、ブロンプトンを愛用しています。

なのでこの記事では、
「ブロンプトンの走行性能って、実際どんな感じなの?」といった疑問に答えていきます。

「車体そのものの走行性能」は、十分に高い

まず、結論から書いてしまうと・・・

ブロンプトンの「車体そのもの」の走行性能は、
他の折りたたみ自転車と同等、もしくはそれ以上になりうるくらいの、ポテンシャルがあります。

 

ここでの「他の折りたたみ自転車」というのは、
Birdy(旧BD-1)とか、DAHONの20インチくらいの自転車とか、
そういったものですね。

 

私はブロンプトン以外にも、さまざまな機会に、
いろいろな折りたたみ自転車を体験しているのですが・・・

ブロンプトンは、加速の乗り方とか、巡航のなめらかさといった、走行性能にかかわるところにおいて、
他の「速い」と言われる折りたたみ自転車たちと何ら、遜色ないと感じました。

 

車体はしっかりしていますので、ペダルを回したぶんだけホイールにがんがんパワーが伝わり、どんどん加速します。

ホイールのベアリングとかの回転部分もなめらかで、どんどん失速する・・なんてことも、ないです。

 

速く走るためには、スピードが出せるだけではだめで、
速く走ってる最中も「安定する」とか、速いスピードからでもちゃんと「止まれる」とか、
そっちの能力も大事なのですが・・・

 

ブロンプトンは、ホイールベースが長いので安定性はとても高いですし、
ブレーキも高価な自転車らしく、そのへんのママチャリとは段違いのレベルで、しっかりと止まります。

 

・・・と、ブロンプトンが欲しいけど、ブロンプトンはなんとなく鈍そうなイメージがあるので、
ぜんぜん走らなかったりするのが心配・・・

と、言うのであれば、まったくの杞憂だと、
個人的には思います。

 

とはいえ・・・ロードバイクみたいに、全力で、最速でかっ飛ばせるか?とまで言われると、
ちょっと、そこまでは難しいかな・・と思います。

そういうのは、Birdy(旧BD-1)といった自転車の得意分野だったりするのですが・・・

 

ブロンプトンは車体としては十分、スピードを出せるポテンシャルはあるのですが、
「乗車姿勢」がちょっと、スピードを出しまくる!!というのには、向かないのです。。

「乗車姿勢」は、スピード向きではない

ブロンプトンの「車体そのもの」の走行能力は、じゅうぶんに高いのですが・・・

ブロンプトンは、乗車姿勢・・つまり走行ポジションが、
あんまり、スピードを出しまくるスタイルに向かないです。

 

ブロンプトンに乗って話す男女

ブロンプトン英国公式ホームページより画像を引用

 

ブロンプトンの乗車ポジションというと、
イメージ的には、上の画像のような感じですね。

上半身がしっかり起きた、アップライトな、
ママチャリに近いようなポジションです。

 

一方、例えばスピード系折りたたみ自転車の代名詞、「Birdy」の場合だと・・・

 

Birdyでかっ飛ばす男性

パシフィックサイクル公式サイトより画像を引用

 

画像はちょっと、極端なシーンかもしれませんが・・・

Birdyだとこんな感じで、深く前傾したポジションが基本となります。

 

そして自転車は前傾したほうが、スピードを出しやすいものです。

 

前傾するとペダルにパワーを乗せやすいですし、空気抵抗も減ります。

さらに重心も低くなり安定しますし、転んだときも頭が低いので、比較的安全・・と、
深い前傾姿勢は「スピードを出す」ことにおいて、圧倒的なアドバンテージがあります。

 

なのでプロのロードレーサーなんかは、みんな、がっつり前傾するわけですよね。

 

しかし・・ブロンプトンは、車体のポジション上、「深い前傾」をとりにくいので、
スピードを追求しようとすると、限度があるのです。

 

もちろん、ぜんぜんスピードが出ない!とか、
踏んでも踏んでも進まない!!とか、そんなことは無いです。

日常で、25km/h程度のスピードで巡航しよう!とか、その程度なら、
まったく不自由することはありません。

 

しかし折りたたみ自転車ながらに、
限界までスピードを出して、気持ちよく走ろう!!

・・・とすると、「あまり前傾できない」というのがボトルネックになって、
歯がゆい思いをしてしまうのです。。

 

ブロンプトンには「Sハンドル」と「Mハンドル」があり、Sハンドルのほうが前傾が深めです。

なので前傾して速度を上げたいなら、Sハンドルを選ぶべきなのですが、
そのSハンドルでも前傾レベルは、他のスピード重視の折りたたみ自転車には全然及ばないと思います。

 

なのでもし、折りたたみ自転車で「走行性能を徹底的に追求する」といったスタンスなら、
ブロンプトンはあまり向かないかもしれません。

 

しかし実は、「浅い前傾」にも、たくさんのメリットがあります

詳しくはリンク先にいろいろ書きましたが・・・
たとえば街中でひょいひょい向きを変える、すばしっこさが高くなる・・などですね。

 

「街乗り」中心だったりすると、むしろ浅い前傾のほうが便利だったりしますので、
浅い前傾のブロンプトンのほうが有利なことも、たくさんあります。

 

そしてどうしてもブロンプトンで、ある程度以上の深い前傾で乗りたいのなら、
ハンドルバーを限界より前に出して、ポジションを改善するテクニックを使えば、可能です。

これまた、リンク先に詳しいことを書いたのですが・・・
私はこの方法でポジションを改善し、
「せめてもうちょっと、前傾して乗れたらなぁ・・」というのを、実現することができました。

他にもいろいろと、ポジション改善の方法はあるかもしれません。

 

 

・・・と、ブロンプトンは「走行性能を限界まで求める!!」とかしない限りは、
じゅうぶんな走行性能を持つ自転車だと思います。

 

なんとなく「ポタリング専用」「のんびり走る用」みたいなイメージがあると思いますが・・・

ブロンプトンが他の折りたたみ自転車より、走行性能で劣る!とかいうことは、
全然無いのではないか・・と、個人的には思いました。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ