ブルックスの革サドルはブロンプトンに合う?・・最強の組み合わせかもしれません


ブロンプトンとブルックスサドル

「ブロンプトン x ブルックスの革サドル」

というのは結構、ポピュラーな組み合わせです。

 

ブロンプトンは有名な、すごく小さくできる折りたたみ自転車で・・・

ブルックスの革サドルは「乗り心地最強」とも言えるような、すごくクッション性が高いサドルですね。

このふたつを実際に、組み合わせて使っている方も多いと思います。

 

しかし・・実際にこのふたつを組み合わせって、旅などに使うと・・どうなの?

実際に使ってみた体験として、本当に良いの?

そんな疑問がありそうだと思いましたので、この記事ではそういうところを語っていきます。

クッション性の良さが、「特によく効く」

ブルックスのポピュラーなサドルには、「B17」などがありますが・・・

これらは「クッション性の良さ」に全振りしたようなサドルです。

 

 

 

モノとしては、こんな感じのものですね。

 

そしてこれらのサドルは、例えば「軽量カーボンサドル」に比べると3倍くらい重いのですが・・・

そのかわりしっかりした革がハンモックのように使われていて、おしりの重さをやわらかく支えてくれます。

なので100kmを越えるようなライドでも「おしりの痛み」が起きにくく、
クッション性においてはあらゆるサドルの中でも、ブルックスの革サドルが最強なのではないか・・と個人的に思っています。

 

そしてこのクッション性の高さは、「ブロンプトン」と組み合わせるとさらに光ります

というのは・・
ブロンプトンがもともと、クッション性が低めの自転車だから、ですね。

まあ、これはブロンプトンが!というより、
折りたたみ小径車全般が、です。

 

自転車の「ホイール」には、実は、かなりのクッション性があります。

取り外した自転車のホイールは、実は地面に投げつけると、バスケットボールみたいにびよーんと跳ね返ってきたりします。

そしてホイールが大きいと、このクッション性が上がり、ちょっとの段差くらいなら吸収してくれるわけですね。

 

しかしブロンプトンのような小さいホイールだと、このホイールのクッション性はかなり低くなります。

なのでブロンプトンのような小径車は、ちょっとの段差でも、体にガン!と衝撃がくるのです。。

 

しかしここで、ブルックスサドルの衝撃吸収性が活きます。

クッション性が低くて、おしりから全身にガンガン衝撃がきてしまうところを、
サドルがびよんびよんと吸収してくれるわけですね。

・・と、ブロンプトンではロードバイクなどと比べると、「サドルによる衝撃吸収」はさらに重要ですので、
ブルックスサドルとの相性はさらに良いと思います。

「見た目」の相性も良い

ブロンプトンには「レトロなサドル」が合います

まあ、ここは見方に個人差があるところだとは思いますが・・・

 

例えば最新鋭のカーボンロードバイクだと、鋭い流線型の、軽量カーボンサドルが見た目にも合うと思いますが・・・

ブロンプトンはあんまりスポーティではない、ロードバイク的というよりは「ランドナー」とか「スポルティーフ」的な自転車だと思います。

どちらかと言えば、レトロ系な見た目の自転車ですね。

なのでその見た目にスポーティーなサドルは、あまり合わないと思うのです。

 

そしてブルックスの革サドルは、レトロ系な自転車にこそよく合います。

なのでブロンプトンには性能的にだけじゃなく、見た目的にもベストマッチするのでは・・と思います。

 

もちろん見た目の好みとか、感性とかは人それぞれですので・・・

例えば「ブロンプトン ブルックス」とでも画像検索してみて、出てくるブルックスサドルつきブロンプトンを眺め、
「お、いいな!」と感じるのであれば、実際に買ってみても気に入るのではないか・・と思います。

 

 

と、ブロンプトンのサドルには、いろいろな選択肢はあるのですが・・・

「ブルックスの革サドル」は、ベストな選択肢になり得るくらいに、ブロンプトンに合うと思います。

 

実際私自身、ブルックスサドルをブロンプトンに装備して使い、もう5年ほどになるのですが・・・

他のサドルへの浮気が考えられないくらい、気に入っています。

 

ブロンプトンにブルックスサドルはどう?と悩む方の、参考になればと思います。

 

 



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ