旅用自転車、どれがベスト?いろいろ乗ってきた結論!


山の中の道

「旅」に向く自転車が欲しい!

というのは、よく有るニーズだと思います。

 

自転車にはいろいろなタイプがあって、
たとえばロードレース向きとか、街乗り向きとか、いろいろあるのですが・・・

自転車だけ、もしくは輪行などを駆使して、観光地などを走り回る・・・
そんな「自転車旅」に向いた自転車、というものもあります。

 

どんな自転車が、旅に向いているの?

何を基準にすれば、旅に向いた自転車を見つけられる?

この記事では、そんな疑問に答えていきます。

「レース用から遠い」自転車が、向いている

まず最初に・・「レース用自転車」、というカテゴリーがあります。

たいていの場合、車種はロードバイクで・・・

・軽い
・高価
・タイヤが細い
・ホイールベースが短い

といった自転車ですね。

こういった自転車はもちろん、極限まで速く走る!という、レース用途には最強なのですが・・・
実は「旅」には不向きだったりするのです。

 

そして、その真逆の自転車・・・つまり、

・重い
・安い
・タイヤが太い
・ホイールベースが長い

自転車のほうが実は、「旅」なら向いていたりするのです。

 

まず「重い」自転車・・具体的には、だいたい9kg-11kg程度ある自転車は、
軽い自転車と比べると「安定」します。

これのメリットとしては「疲れにくくなる」ことですね。

軽い自転車だと上の人間が、何度も何度もバランスをとって安定させるわけですが・・・

重い自転車だと、自転車自体が自分を安定させてくれますので、疲れにくくなるんだと思います。

 

似た理由で「タイヤが太い」「ホイールベースが長い」自転車のほうが旅には向きます。

タイヤは、マウンテンバイクのように太い必要はないのですが、
だいたい28Cとか、32Cくらいあるほうがこれまでの経験からは、より安定するな・・と思います。

 

ホイールベースに関しても、ホイールベースが長い自転車のほうが安定するので、日常生活には有利だったりするのですが・・・

旅においても、より安定するロングホイールベースの自転車のほうが向いていると感じます。

 

そして何十万円もする、高価な自転車よりも、
たとえば10万円前後とか、もしくは5万円くらいとかの、趣味用自転車としては「安い」部類の自転車のほうが、
旅には有利だと思います。

旅の最中だと、そのへんに駐輪して観光地を歩き回ることもありますし、
輪行で飛行機に預け、運ばれるあいだにいろいろな場所にぶつかってしまうこともあります。

なので「盗まれる」とか「壊れる」といったリスクは、比較的高いんですね。

 

そんな旅に、何十万円とか、100万円近いような自転車を使うのは・・・
まあ、私としてはちょっと怖いかな・・と思います。

もちろん、自転車にずっと乗っていて、ひとときも目を離さないような状況なら問題ないのですが・・・

 

あとは、自分で走る「自走」をメインにするのか?電車に載せて運ぶ「輪行」をメインにするのか?によっても違ってきて、
自走メインだと、ロードバイク・クロスバイクあたり、輪行メインだと折りたたみ自転車が良かったりはするのですが・・・

車種として何を選ぶとしても、旅に向いた自転車が欲しいなら「レースから離れたタイプ」の自転車を狙ってみると、
良い自転車が見つかるかもしれません。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ