満員電車フリー!新型コロナウイルス対策にも自転車通勤はメリットだらけ!


混雑した駅ホーム

満員電車での通勤は、大変です。

 

ぎゅうぎゅう詰めの電車は、とんでもなく不快ですし、ストレスがたまるものですよね。。

私も過去に、満員電車で毎日通勤していた時期があり、
毎日、かなりきつい思いをしていました。

 

加えて満員電車は、ウイルスなど、感染症のリスクも上がってしまいます。

とんでもなく密集した状態で、長時間を過ごすことになるので、
まあ、当然ですよね。

 

たとえば、この記事を書いている時点では、「新型コロナウイルス」が世界的に蔓延している状況となっています。

そうでなくても、インフルエンザなんかは毎年、かならず流行しますよね。

当然、これらウイルスの感染リスクも、
満員電車だと、外を歩く・・などのふつうの環境より、はるかに高くなってしまうでしょう。

 

なのでもちろん、出来るなら、満員電車に乗るのは避けたいはずです。

もちろん、私自身も、そうです。

 

そして私自身は現在、自転車通勤をすることで、満員電車フリーの通勤生活を実現できています

 

普通であれば職場まで、電車に乗るような通勤経路なのですが・・・

自転車通勤もふつうに可能で、どちらの交通手段も選べます。

 

なので、もともと自転車が趣味であった私は、
ウイルス流行のニュースを聞いて、いち早く自転車通勤に切り替えることで、
雨の日とかも含め完全に、満員電車フリーの通勤生活ができています。

 

当然、コロナウイルスなどのウイルスに感染してしまうリスクも、
圧倒的に低くなっていることでしょう。

 

メリット、もりだくさんです。

 

そしてもちろん、もしあなたが現在、満員電車で通勤しているとすれば・・・

優れた自転車を調達し、思い切って自転車通勤に切り替えることで、

ウイルス感染とか、ぎゅうぎゅうの車内とか、痴漢冤罪とか、
そういうのから完全に切り離された、満員電車フリー生活が送れるかもしれません。

 

しかし・・・

 

自転車通勤は、実際にやってみようと思うと、
考えることが多かったり、必要なアイテムが多かったりと、
意外と、ハードルが高いものです。

なので、始める前とか、始めたばっかりとかで挫折してしまう方も、多いです。。

 

満員電車に悩まされない、快適な自転車通勤を、実際に「続ける」ためには、
いくつかのポイントがあります。

以下、これは重要!と思うポイントだけを、
いくつか、挙げていきます。

「雨対策」を、完璧に

自転車通勤がイヤになる、一番の原因は、
ダントツで、雨です。

まあ、あくまで個人の意見ですが・・・そう思います。

 

自転車通勤には「雨の中を快適に走るテクニック」が必須です。

これが無いと、今日は雨だ!とか、雨が降りそう・・とかなるたびに、
自転車通勤をするのをためらってしまいます。

 

雨の日だけ乗らなければいい・・と、思われるかもしれませんが、
日本はご存知のとおり、雨が多い国です。

天気予報が外れることも多いですし、
晴れていたはずなのにいきなり雨・・とかも、よくあることです。

なので、雨を完全に避けよう!と思うと、
自転車通勤できる日がほとんどなくなってしまいます。

 

そして、しっかり準備すれば、雨の日の通勤は意外と、濡れずに快適なものにできます

 

そして、雨対策の中でも、いちばん優先順位が高いのは・・・

優れたレインウェアの活用、です。

 

最近の、ゴアテックス・レインウェアといった製品は、
ひと昔前に比べると、とんでもなく優秀に進化しており・・・

しかも、びっくりするくらい、安くなっています。

 

条件にもよりますが・・・

優れたレインウェアは、かなりのザーザー降りの中を、数時間とか走っても、
ほとんど水を通しません。

しかも「透湿性」も高く、蒸れも気にならないレベルです。

 

ので、かなり降っている中でも、降っていないような感覚で、
通勤することができてしまいます。

 

逆に、コンビニのビニールレインウェアで通勤したり、
傘差し運転で通勤したりすると・・・

すごく不快ですし、危険ですらありますので、
すぐに自転車通勤を、やめたくなるかもしれません。

 

レインウェアを調達するなら、ゴアテックスのセパレート型が最強だと思いますので、
これを軸に検討していくといいと思います。

また、スマホとか、財布とかも普段から雨対策しておくと、
ここが雨通勤のハードルになることもなくなると思います。

快適な「通勤ルート」を、作りこむ

快適な自転車通勤のために、通勤ルート開拓は、必須です。

 

クルマや、歩行者でごちゃごちゃしているような道が、
ながながと続くような通勤ルートですと、
当然、快適ですばやい通勤はできません。

 

しかし、人やクルマが少なく、道幅が広く走りやすい、
「快適ルート」を一本、開拓することに成功すれば・・・

毎日、びゅんびゅん飛ばせて快適で、
しかも適度な運動にもなる、快適な自転車通勤ができるようになります。

 

ルート作成にはグーグルマップを使う方法が最強、というのが私の意見ですが・・・

 

そもそもまず、快適なルートを引くことは、「可能なのか」?

というのが、快適な自転車通勤が実現できるかを、分けることになります。

 

たとえば・・・正直、「東京都内」だと、
快適な通勤ルートを引くのは、無理かもしれないと思います。

東京都内は、路駐がものすごく多くて、自転車が快適に走れる場所はほとんど無いですし・・・

そうでなくても、クルマも人も多すぎますし、
自転車が走りやすいように、街が設計されているわけでもありませんので・・・

かなりハードな思いをしながらの自転車通勤しか、
残念ながら、できないのではないか・・と、思います。

 

もし、あなたの「家から職場までの経路」に、
サイクリングロードとか、クルマが少なくて走りやすい道とかが、
ちゃんとあるのなら・・・ラッキーです。

たった一本だけでいいですので、そういう「走りやすいルート」を、開拓しましょう。

 

適正距離としては・・・だいたい、3kmから15kmくらい、といったところでしょうか。

それより短いなら、歩いて通勤できてしまいますし、
それより遠いと、さすがに、毎日の通勤は厳しくなるかもしれません。
(もちろん、もっと長い通勤を難なくこなすような、剛脚な方もいらっしゃるでしょうが・・・)

 

ルート作成がしっかりできれば、自転車通勤は、すごく快適にできると思います。

自転車通勤に「向いた自転車」を使う

自転車通勤に向いた自転車を使う・・というのも、重要なポイントです。

 

どんな自転車でも・・・たとえば1万円のママチャリでも、自転車通勤は可能です。

しかしやはり、通勤の「快適さ」を手に入れるなら、
クロスバイク・ロードバイクといった「スポーツ自転車」があれば、
かなり、自転車通勤はしやすくなると思います。

 

たとえば、5万円もあれば、かなりまともなクロスバイクが買えますし、
そういう「ちゃんとしたスポーツバイク」ですと・・・

ママチャリと比べると、羽のように軽く、スムーズに走りますので、
そういう自転車を使うと、毎日の通勤がより楽しくなるかもしれないと思います。

単純に、通勤時間短縮にもなりますし。

 

とはいえ・・・あまりに高価な自転車は、盗難リスクが高かったり、雨で傷んだりしますので、
通勤用自転車の価格としてはまあ、5万円-15万円くらいが妥当なのではないか・・と、個人的には思います。

30万円とか50万円とか、それ以上のロードバイクとかを盗まれると、
ショックでもう、二度と自転車通勤したくなくなるかも・・と思いますし。。。

 

そしてちなみに、私としては、
自転車通勤に最強・最適なのは、優れた「折りたたみ自転車」だ・・・と、思っていたりします。

街中もするする走れる「機動性」とか、通勤時のパンクとかに即対応できる「輪行能力」とかが、
まさに、自転車通勤にベストマッチ!するんですね。

実際私も、自転車通勤をするときは基本的に、
「ブロンプトン」という愛用の折りたたみ自転車ばかり使っています。

 

 

と、自転車通勤に重要なポイントをいろいろ、語ってみましたが・・・

試行錯誤して、「快適な自転車通勤」を実現することができれば、
ウイルス感染、混雑ストレスなどなど、満員電車のデメリットから、
完全に解き放たれた生活が、実現できてしまいます。

 

この記事を書いている最中は、コロナウイルスが蔓延していて、
感染リスクが高い、したくもない満員電車通勤をせざるを得ない・・という方は、多いようなのですが・・・

自転車を趣味にしていれば、そういうときも、雨を含め快適な自転車通勤ができてしまいますので、
少なくとも私は、ほぼ完全に満員電車フリーな生活ができています。

 

もちろん、自転車通勤が有利に働くか、それとも不利に働くかは、
状況によるのでしょうが・・・

 

もし、満員電車にもう乗りたくない!という状況なのであれば、
自転車通勤をいちど、検討してみては・・と、思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ