輪行袋をコンパクトにして、持ち運びをレベルアップする方法


ベルクロで圧縮された輪行袋

輪行袋は、かさばります。

まあ、荷物としては最大級の「自転車」を入れるものですので、
仕方がないことだとは思いますが・・・

 

しかしあまりに大きいと、それだけで荷物を圧迫してしまいます。。

自転車はただでさえ、持てる荷物がすごく少ないですので、
輪行袋はできるだけコンパクトにして、持ち運びやすくしたいところです。

 

この記事では、これまでにいろいろ試行錯誤してきて、
いちばん有効だ!と思った、輪行袋をコンパクトにまとめる方法を紹介していきます。

「頑丈なベルクロ」がいちばん使える

どんな方法を使うのか?

まず、結論からなのですが・・・

頑丈なベルクロ

頑丈なベルクロ

こんな感じの頑丈なベルクロを、3本ほど使います。

できるだけ強靭な、できれば登山などに使われるようなものだと、より良いと思います。

下の方にも書きますが、これは輪行袋に使うだけでなく、
「ホイールをフレームに固定する」仕事にも兼用するものです。

 

まず、ぐるぐる巻きにしただけの輪行袋は、

ぐるぐるにしただけの輪行袋

こんな感じなわけですが、ここにベルクロテープを・・・

ベルクロ1本で巻いた輪行袋

こんな感じでがっちがちに巻きつけます。

 

ベルクロは3本携帯し、残りの2本も同じように巻きつけます。

ベルクロ3本で巻いた輪行袋

こんな感じになりますね。

この方法だと強靭なベルクロ3本で、がっちがちに巻きますので、
輪行袋はかなり小さく圧縮できます。

 

上の画像は、輪行袋単体を圧縮したものですが、
例えば・・・

折りたたんでいないエンド金具

例えば私はこんな「折りたたんでいないエンド金具」をそのまま、持ち運ぶことが多いのですが・・・
(単純に、組み立てが面倒だからです・・笑)

これを輪行袋でくるんで、ベルクロでがちがちに圧縮する・・という方法でも、

エンド金具をくるんだ輪行袋

このくらいにまで小さくできます。

 

おそらく、輪行袋をこれ以上圧縮するのは無理なのでは?・・と思えるくらい圧縮できますので、おすすめの方法です。

ベルクロは「ホイールの固定」にも兼用する

そしてこのベルクロの仕事は、輪行袋を小さくするだけではありません。

ロードバイクなどの輪行には絶対に必要な「ホイールをフレームに固定する」仕事にも、そのまま使えるのです。

ベルクロでフレームに固定されたホイール

こんな感じですね。

これを3本のベルクロで3箇所、やるわけです。

 

この方法だと、輪行を始めるときは輪行袋からベルクロをほどいて、そのまま使えます。

逆に輪行状態から戻すときは、ホイールを固定していたベルクロを解除して、また輪行袋の圧縮に使うわけです。

特にごたごたしてしまうところはなく、スムーズに使い分けることができると思います。

 

 

輪行作業まわりについてはこれまでに、いろいろ試行錯誤をしてみたのですが、
この頑丈なベルクロを、輪行袋の圧縮とホイール固定に使う方法はかなりのお気に入りです。

よければ試してみては・・と思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ