Amazonチャージの購入手順や、メリット・注意点を解説!


緑色のギフトボックス

Amazonで物を買うとき「Amazonチャージ」を使うと・・

最大2.5%ぶんのボーナスポイントがつきますので、シンプルに得です。

 

2.5%を実現するための「条件」はありますが・・まあ、無理なく達成できるものだと思います。

 

クレジットカードの還元を使うとしたら、利益率は0.5%とか、ゴールドカードでもせいぜい1.0%とかなので・・

自転車パーツなどをAmazonでよく買うのなら、この方法がいちばんだと思います。

 

とはいえ・・購入の手順が、面倒なんじゃないの?

最大ポイント率にする条件って、なに?

トラブルとか注意点とか、無いの?

というのは、気になるところだと思います。

 

実際、私自身もAmazonヘビーユーザーで、
もう何度もAmazonチャージを使って、自転車アイテムを買いまくっていますので・・

この記事ではAmazonチャージを活かして買い物することについて、徹底解説していきます。

 

※このページの情報はできるだけ最新に保ちますが、仕様が変わってしまうことはあり得ます。

なので情報はAmazonチャージの公式ページなどで、ご自身にてもご確認ください。

購入の手順

Amazonチャージって、どうやってすればいいの?

まずは「購入の手順」からお話ししていきます。

 

まずはAmazonチャージの購入ページに飛びます。

 

Amazonチャージ購入ページ1

Amazonより引用

 

こんな感じのページに飛べますので・・

 

Amazonチャージ購入ページ2

Amazonより引用

 

右上のほうにあるこのエリアで金額を選択、もしくは入力して「今すぐ購入」ボタンを押します。

 

すると、

 

Amazonチャージ購入ページ3

Amazonより引用

 

購入方法の選択ページに移ります。

下のほうで詳しく解説しますが、Amazonチャージは「現金チャージ」が有利ですので・・

ここは画像のように「コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い」にしておくことをおすすめします。

 

右上の「続行」をクリックすると、

 

Amazonチャージ購入ページ4

Amazonより引用

 

確認ページとなりますので、問題なければ右上の「注文を確定する」ボタンをクリックします。

 

Amazonチャージ購入ページ5

Amazonより引用

 

購入完了ページとなります。

 

このあとの流れは、確認ページの右下のほうにある、

 

Amazonチャージ購入ページ6

Amazonより引用

 

この「注文後の流れ」の通りとなります。

 

まず、Amazonに登録しているメールアドレス宛に、

 

Amazonからのお支払い番号お知らせメール

Amazonより送信のメールより引用

 

こんな感じの「お支払い番号お知らせ」のメールが届きます。

この「お支払い方法別の手順」のところにある、リンクをクリックします。

 

すると、

 

Amazonお支払い方法の選択ページ

Amazonより引用

 

この「お支払い方法の選択」ページに飛べて、ここから支払い方法を選べます。

 

支払い方法には「銀行振込(ATM)」「銀行振込(ネットバンキング)」「コンビニでの支払い」「電子マネー(Suicaなど)」が選べるのですが・・

この中だと「電子マネー」はポイント追加の対象外になってしまうので、注意です。

 

Amazon利用細則の抜粋

対象商品 コンビニ・ATM・ネットバンキング払いのAmazonギフト券チャージタイプ ※クレジットカード、電子マネー払いは対象外

Amazonチャージの利用細則より引用

 

と書いてあるように、電子マネー払いは対象外となっていますので・・

電子マネーで支払って、ポイントの二重取り・・は出来ないようになっているので、ご注意ください。

 

あとは、支払い方法のうち「銀行振込(ATM)」「コンビニでの支払い」のふたつは、基本的に店舗に行って振り込む手間がでてきますので・・

家でさくっと完結する!を重視するのなら、「銀行振込(ネットバンキング)」がいちばん手軽だと思います。

 

この記事を書いている時点では、ネットバンキングの対応銀行は「住信SBIネット銀行」「auじぶん銀行」「PayPay銀行」の3つです。

ので、これらに口座を持っていなくてこの方法を利用しようとするなら、口座開設が必要です。

参考までに私自身は「住信SBIネット銀行」をもう長年使っていたので、これを使うことにしています。

 

ここから先の手続き方法は銀行ごとに違ってきますので、ここでは割愛しますが・・

手順を詳しく指示してくれますので、手順通りにやっていけばさほど手間なく終わるはずです。

 

ここまで完了すれば、支払った金額ぶんのAmazonポイントが、ボーナス込みで追加されているはずです。
(Amazonポイントは1ポイント=1円ぶんの扱いです)

 

長々と書いてしまいましたので、かなり面倒なのでは?と思われるかもしれません。

しかし慣れてしまえば数分で、さくっと終わる程度のものです。

 

加えて・・大きめの金額を一度に入れておけば、手間を減らせます。

下のほうで詳しく書きますが、最大のポイントアップ率を実現するには90,000円以上のチャージが必要ですので・・

Amazonをよく使い、手続きを何度も何度もしたくないのであれば、大きめのチャージをしておくほうがいいかもしれません。

 

と、Amazonチャージは自転車アイテムをはじめ、Amazonで買い物をすることが多いならシンプルに「得」な方法となり得ますので・・

Amazonで使う定番の決済方法にしてしまう・・というのも、アリなのではないかと思います。

 

Amazonでの購入に最大「2.5%」のボーナスがつく、Amazonチャージの購入ページです

ポイント「2.5%」アップを実現する方法

Amazonチャージをすると、ポイントアップのボーナスがつきますが・・

その最大幅は「2.5%」です。

 

そして2.5%のボーナスというのは、なかなか実現しにくいものです。

クレジットカードで買い物をすれば、ポイントがたまりますが・・
その場合は0.5%くらいが基本で、高くても1.0%くらいですね。

すごく還元率が高いカードもありますが・・だいたい、無茶な条件がついてたりするものです。

 

そしてクレジットカードの場合は、運営会社独自のポイントで還元されるわけですが、
これの使い勝手は正直、悪いことが多いです。

すごくマニアックな商品としか交換できなかったり、
現金化しようとしたら、めちゃくちゃ安くなってしまったり・・

 

そんな中で使い勝手の良い「Amazonポイント」で、「2.5%」ものボーナスがつくAmazonチャージは、
まあ、かなり優秀な方法なのでは・・と思います。

AmazonポイントはAmazonをよく使うのなら、もう現金に近いようなもののはずですので・・

 

しかしこの「2.5%」のボーナスを得るためには、条件があります。

 

この記事を書いている時点では・・

「1回で90,000円以上チャージする」かつ「Amazonプライム会員になっている」

が、その条件です。

 

Amazonチャージのボーナス率

Amazonより引用

 

Amazonチャージのページに、書いてある通りですね。

 

Amazonプライム会員が、90,000円以上チャージしたときが2.5%で・・

「チャージ金額が安くなる」「プライム会員じゃない」によって、ボーナスは減っていきます。。

 

ここが0.5%とかだと正直、クレジットカードでの購入より不利になりかねないので・・

できれば2.5%きっちり、ゲットしておきたいところです。

 

でも・・その条件の「Amazonプライム」って、何?

Amazonプライムをまとめると・・

① コストは5,000円/年程度

② 「お急ぎ便」「お届け日時指定便」がそれぞれ無料

③ 「プライムビデオ」で、映画・ドラマ・アニメなどが無料視聴できる

 

というものです。

 

 

詳細は、上のバナーからも確認できます。

 

コストはかかるものの・・

②の「お急ぎ便・お届け日時指定便が無料」があるとAmazon通販生活が、圧倒的に便利になります。

私自身、自転車アイテムをはじめいろいろなアイテムをAmazonで買いますので、
このメリットは絶対必要!と言えるくらい重要になっています。

 

さらに③の「プライムビデオ」が、人気の映画とかも含めなかなかに充実していて・・

私自身の場合はこれで十分!と思い、エンタメ系を含む契約はこれだけだったりします。

 

という感じなので・・

Amazonチャージ関係なしだとしても、利用していいのでは?と思う便利さだったりします。

 

コストの年間5,000円程度というのが、高すぎるのか?についてですが・・

これはボーナス2.5%で、20万円の買い物をすれば完全に回収できる計算になります。

 

たとえばクレジットカードの還元率を1.0%と仮定し、差の1.5%がメリットとするなら・・

その場合は30万円強の買い物をすれば、回収できます。

 

大きめのAmazonチャージをしようかな?と思うくらいのAmazonヘビーユーザーであれば、
おそらく見返してみれば、それ以上の買い物をしているのでは?と思いますので・・

その場合は金銭的なコストは、無くなってきます。

 

なのでAmazonチャージを活用しようとするのなら、Amazonプライムへの登録は必須なのでは?と感じます。

 

 

Amazonでの購入に最大「2.5%」のボーナスがつく、Amazonチャージの購入ページです

どうチャージするのが一番?

Amazonチャージの方法には・・

◇現金(ネットバンキング、ATM入金、コンビニ入金)

◇クレジットカード

◇電子マネー

 

この記事を書いている時点では、その3種類があります。

 

そして結論としては、

「現金」一択

だと思います。

理由はシンプルにボーナス率が高いから、ですね。

 

 

上でも詳しく書いたように・・現金チャージの場合、最大2.5%ぶんのボーナスが得られます。

 

一方でクレジットカードチャージの場合は、

 

クレジットカードチャージのボーナス率

Amazonより引用

 

書いてあるとおりプライム会員の場合で、0.5%です。

 

クレジットカードのポイント付与を、高めの1.0%でカウントしても・・

合計1.5%で、現金チャージのボーナス率とはけっこう差がつきますね。

 

 

そして「電子マネー」チャージの場合は、この記事を書いている時点では、特にボーナスがつかない仕様のようです。

電子マネーはクレジットカードチャージすれば、クレジットカードぶんのボーナスがつきますが・・

組み合わせが複雑なので一概には言えませんが、
Amazonチャージのメリットに匹敵することは・・まあ、なかなか無いです。

 

と、それぞれ見ていくと・・

Amazonチャージの良さを最大限活かすためには「現金チャージ」が一番なのでは、と思います。

 

Amazonでの購入に最大「2.5%」のボーナスがつく、Amazonチャージの購入ページです

トラブルや注意点について解説

メリットがある、Amazonチャージだけど・・

トラブルにつながる可能性とか、注意点とかは無いの?

 

2.5%のために、トラブルに見舞われて大損・・

なんてことがあれば、目も当てられませんよね。

 

特に高い還元率を得ようとすると、最低90,000円をチャージすることになります。

なので何かしらのトラブルで、損をした・・なんてことになるのは、怖いところだと思います。

 

とはいえここは、まあ、問題ないところだ・・と私は判断しています。

理由はいくつかあって、まずはシステムの運営母体がAmazonだから・・ですね。

 

Amazonは言うまでもなく、しっかりした巨大IT企業ですし・・

なにごとにも絶対はありませんが、システムトラブルとか、ハッキングの影響を受けた・・といったリスクは、
小さめの企業が運営しているシステムに比べれば、すごく低いでしょう。

少なくとも私が調べた限りだと、そういう実例も無さそうでした。

 

Amazonほど大きい企業だと、いきなり倒産してポイントがぜんぶ無駄に・・とかも相当、起きにくいですよね。

 

あとは、購入したポイントが有効期限切れで無駄になるリスクですが・・

まずこの記事を書いている時点で、Amazonチャージの有効期限は10年です。

 

2017年4月24日以降に発行されたギフト券の有効期限は、券種にかかわらず発行から10年です。

Amazonギフト券細則より引用

 

と、記事の執筆時点で、Amazonギフト券の有効期限はすべて10年となっています。
(Amazonチャージは、Amazonギフト券の一種です)

まあ、さすがに10年も期限があれば・・期限が切れてた!はなかなか起きないでしょう。

 

滅多に使わないようなサービスだと、放置していつのまにか期限が!とかもあり得るでしょうが・・

Amazonは通常、わりと頻繁に使われるものなので、そのリスクも少ないです。

金額的に使い切れない!も、起きにくいですね。

 

と、いろいろな面から検討してみましたが・・

Amazonチャージのトラブルの可能性やデメリットは、大きくない

というのが、私自身の結論です。

 

 

と、いろいろお話ししてみましたが・・

Amazonで自転車パーツや、それ以外のいろいろなアイテムを買うことが多いのなら、
「Amazonチャージ」を軸にするスタイルがいちばんお得なのでは、と思います。

 

今回はAmazonチャージの使い方を軸に、お話ししてみました。

 

Amazonでの購入に最大「2.5%」のボーナスがつく、Amazonチャージの購入ページです

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ