アルテグラグレードの「ワイドレシオ」スプロケット

ロードバイクの乙女ギアとは?

スプロケット

乙女ギアって、なに?

 

ロードバイクを趣味にしていると・・

「乙女ギア」という言葉を、ときどき聞くかもしれません。

 

そしてもし、乙女ギアという言葉を知らなかった場合・・

  • 乙女ギアって、そもそも何?
  • 自分のロードバイクにも、導入できるの?
  • 導入したら、どんなメリットがあるの?

というのは、気になるところだと思います。

 

私自身、現在自分のロードバイクに「乙女ギア」と呼ばれるようなギアを装着しています。

なのでこの記事では、乙女ギアって何?

ここを解説していきます。

乙女ギアは「超軽いギア」のこと

乙女ギアの意味を、ひとことで説明すると・・

「いちばん軽い」部類のギアのこと、ですね。

 

ロードバイクの世界では、重いギア使っているほど男らしい!みたいな風潮があります。

ハードな坂を、重いギアで登りきるのが「漢(おとこ)」!!・・的なかんじですね。

 

そしてその逆で、軽いギアになればなるほど「漢」から遠ざかり・・

いちばん軽いギアともなってくると、それはもう「乙女」が使うギアだ!

というのが、軽いギアが「乙女ギア」と呼ばれるときのイメージだと思います。

 

実際、ハードな坂でも重いギアを使えばそれだけ、速く登れます。

そして軽いギアは「遅いけどラク」という選択肢ですので・・

それをちょっと「ぬるい」感じと揶揄するようなイメージもあるかもしれないです。

 

具体的に乙女ギアって、どのくらいの重さのギアなの?

いちばん軽いギアが「34T」

というのが、目安になると思います。

 

ロードバイクにはほとんどの場合で「カセットスプロケット」という、ギアがたくさん組になったものが使われていますが・・

重いギアから軽いギアまでセットになっているその中の、いちばん軽いやつが34T、という意味ですね。

 

自転車の後ろギアというのは、サイズが大きければ大きいほど、ペダルは軽くなっていきますので・・

つまりそれだけ「大きいギア」のこと、とも言い換えることができます。

 

マウンテンバイクとかだと、もっと軽いギアがあったりするのですが・・

ロードバイクだと最大34Tのスプロケットが、この記事を書いている時点だと、いちばん軽いようです。

なのでこれが「乙女ギア」と呼ばれている・・と、事情はそんな感じですね。

 

じゃあ、その最大34Tのギアとやらは、どのくらいの軽さなの?

もっと重い「漢ギア」とやらと比べて、どのくらいの違いがあるの?

以下、解説してみます。

体感は「ギア数枚ぶん、さらに軽くできる」

34Tより重い、最大ギア・・

といえば、軽いほうから順番に「30T」「28T」「25T」「23T」といった感じです。

 

そして34Tのギアは、例えば30Tのギアと比べると・・

負荷の重さが「0.88倍」くらいになります。

ギアの重さは、リアギアの歯数に正しく「反比例」しますのでもちろん、そうなりますね。

 

同じように計算していくと、34Tのギアは・・

「28Tの0.82倍」「25Tの0.74倍」「23Tの0.68倍」の重さになります。

 

とまあ、数字的にはそれで終わりなのですが・・・

それだけだとちょっと、わかりにくいと思います。

実際に乗っての「感覚的」には、どうでしょうか?

 

まあ、もちろんここは、個人の感想になるのですが・・・

自分的にはギアをさらに数枚、軽くできる感じだと経験上、思いました。

 

例えば「30T」のスプロケットからだと、ギアを「1枚ぶん」軽くできる感じですね。

30Tが最大だともちろん、登りでどんなにキツくても最大ギア以上に、軽くすることはできないのですが・・・

34Tのギアに換えているとそこから1段ぶん軽く、ラクになれる・・と、そんな感覚です。

 

それ以外にも私は例えば、最大ギアが「25T」のスプロケットを使っていた時期もありますが・・・

そこから34Tに換えると感覚的には、ギアを「2枚ぶん」余計に軽くできる感じでした。

まあ、かなりの差ですよね。

 

34Tのスプロケットを導入する場合、いちばん気になるのが「どのくらい、軽くなるのか?」だと思いますが・・・

その答えをざっくり言えば「ギア数枚ぶん軽くなる」と、そんな感じになると思います。

 

そして最大ギアが軽くなるぶん、複数のギアたちの「落差」が大きくなり・・

「細かいギアチェンジ」が難しくなる、ということです。

「乙女ギア」「漢ギア」・・選ぶならどっち?

めっちゃ軽いギアの「乙女ギア」と・・

重くて男らしい「漢ギア」・・

選ぶなら、どっち?

 

ここは、

  • 「速く走りたい」なら、漢ギア
  • 「まったり走りたい」なら、乙女ギア

という選び方でいいと思います。

 

漢ギアは言い換えると、「軽いギア」もそこまで軽くはなく・・

なので1段1段の落差が小さく、細かくギアを変えることができる!

そういった「クロスレシオ」タイプだと言えます。

 

そして乙女ギアの「軽いギア」はすごく軽いわけですが・・

そのかわり段ごとの落差が大きく、繊細なギア変更は難しい・・

といった「ワイドレシオ」タイプ、ということになります。

 

そしてクロスレシオ(漢ギア)とワイドレシオ(乙女ギア)の、どっちがいいのか?

ここの詳しいところは、

変速の範囲が広い「ワイドレシオスプロケット」は、狭いクロスレシオと比べてどんな使い勝手になるのか?を解説しています。

上の記事で解説していますが・・

 

クロスレシオの漢ギアはレースに向く!と言うと、イメージしやすいと思います。

レースだと、めちゃくちゃ軽いギアはそもそも、遅くなるのであまり使いません。

なので軽いギアを犠牲にしてでも、レースでの細かい変速を重視する!というわけですね。

 

そうやって、レースにおける速度とか、剛脚とか、高い出力とか・・そういったものを追求していく!

そんな場合は、漢ギアのほうが向くでしょう。

 

対して乙女ギアは、日常系のまったりライドに向きます。

日常系ライドだと、細かく微妙な変速というのは、あまり意味がないですし・・

スピードは出ないけど負担が少ない、34Tといった「超軽ギア」があるのもありがたいものです。

 

なので自分が、ロードバイクにどっちを求めるのか?

ここを考えて、ギアの重さを検討していけばいいと思います。

 

ちなみに「乙女ギア」だからといって、男性は使ってはいけない!とかではないです。

軽いギアというのは男性にとっても、ありがたいものですし・・

実際に男性(おっさん)である私も、堂々と乙女ギアを使っています。笑

 

 

ちなみに34Tスプロケットとしておすすめなのは、現在主流の11速ですと、

シマノの34T 11速スプロケット

この「アルテグラ」グレードのものですね。

 

アルテグラはシマノだと、上から2番目のグレードになるわけですが・・・

価格もまあまあリーズナブルですし、基本的に変速まわりはグレードが上がると、動きがスムーズになりやすいものです。

なのでご自身の自転車に合いさえすれば、これが一番バランスがとれたスプロケットなのでは・・と思います。

 

今回は乙女ギアってなに?どんなもの?といったところをテーマにお話ししてみました。

関連記事
「変速段数」「歯数」「グレード」などを軸に、最適なスプロケットを選ぶ方法を解説しています。
スプロケットに関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【よく乗るエリア】福岡まわり

【自転車趣味歴】9年くらい

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
◇いつかオランダに住んでみたい
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagramPinterest
 

よく読まれている記事
カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ