アルテグラグレードの「ワイドレシオ」スプロケット

ロードバイクの乙女ギア、34Tスプロケットはどのくらい軽くなる?


ワイドレシオなスプロケット

最大ギア、34T・・・

というと、ロードバイクやクロスバイクのスプロケットとしては、「いちばん大きい」クラスだと思います。

 

最大ギアが大きい・・ということはそれだけ「軽い」スプロケット、ということですね。

なのでそういうスプロケットは、乙女ギアとか、貧脚ギアとか言われることが多いです・・笑

 

しかし私自身が2年ほど前に、この「最大ギア34T」のスプロケットを導入したところ、
「これはいい!」となってその後もうずっと、そのスプロケットを使い続けています。

 

なのでこの記事では、34Tスプロケットにすると、ギアはどのくらい軽くなるの?

実際に自転車に乗るときに、どんな感じのメリット・デメリットがあるの?

そんなところを解説していきます。

体感「ギア数枚ぶん、さらに軽くできる」

34Tより軽い最大ギア・・・

といえば「30T」「28T」「25T」「23T」といった感じですね。

 

そして34Tのギアは、例えば30Tのギアと比べると負荷の重さが「0.88倍」くらいになります。

ギアの重さは、リアギアの歯数に正しく「反比例」しますのでもちろん、そうなると思います。

 

同じように34Tのギアは「28Tの0.82倍」「25Tの0.74倍」「23Tの0.68倍」の重さになります。

 

とまあ、数字的にはそれで終わりなのですが・・・

それだけだとちょっと、わかりにくいと思います。

実際に乗っての「感覚的」には、どうでしょうか?

 

まあ、もちろんここは、個人の感想になるのですが・・・

自分的にはギアをさらに数枚、軽くできる感じだと経験上、思いました。

 

例えば「30T」のスプロケットからだと、ギアを「1枚ぶん」軽くできる感じですね。

30Tが最大だともちろん、登りでどんなにキツくても最大ギア以上に、軽くすることはできないのですが・・・

34Tのギアに換えているとそこから1段ぶん軽く、ラクになれる・・と、そんな感覚です。

 

それ以外にも私は例えば、最大ギアが「25T」のスプロケットを使っていた時期もありますが・・・

そこから34Tに換えると感覚的には、ギアを「2枚ぶん」余計に軽くできる感じでした。

まあ、かなりの差ですよね。

 

34Tのスプロケットを導入する場合、いちばん気になるのが「どのくらい、軽くなるのか?」だと思いますが・・・

その答えをざっくり言えば「ギア数枚ぶん軽くなる」と、そんな感じになると思います。

 

そしてまあ当然ですが、その代償としてギアチェンジの「細かさ」が失われる・・ということです。

 

34Tスプロケットとしておすすめなのは、現在主流の11速ですと、

シマノの34T 11速スプロケット

 

この「アルテグラ」グレードのものですね。

 

アルテグラはシマノだと、上から2番目のグレードになるわけですが・・・

価格もまあまあリーズナブルですし、基本的に変速まわりはグレードが上がると、動きがスムーズになりやすいものです。

なのでご自身の自転車に合いさえすれば、これが一番バランスがとれたスプロケットなのでは・・と思います。

 

今回は34Tスプロケットはどう?をテーマにお話ししてみました。

 

関連記事
「変速段数」「歯数」「グレード」などを軸に、最適なスプロケットを選ぶ方法を解説しています。

 

スプロケットに関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ