28Cのロードバイクやクロスバイクだと、空気圧はどのくらいがいい?


空気入れとタイヤ

28C・・

というと、ロードバイクやクロスバイクにおける「太めのタイヤ」だと思います。

 

ロードバイクのタイヤは23Cが王道で、いちばんよく使われる太さです。

そして一段階太いと25C、二段階太いと28Cになります。

 

クロスバイクだと、スポーティなモデルだと25Cがいちばん多くて、
28Cはやっぱり、すこし太めのサイズだと思います。

 

なのでロードバイクやクロスバイクで乗り心地などを優先して、太めのタイヤを装着したいなら・・

「28C」は、妥当な選択肢だと思います。

 

そして「良い空気圧」は、タイヤの太さが違うとぜんぜん違ってきます

特にこれまで23Cや25Cで、お気に入りの空気圧があったとしても・・

太めのタイヤに変えるのなら、それに適した空気圧に変えないと、乗り心地がむしろすごく悪くなる・・といったことが起きます。

 

なのでこの記事では「28Cタイヤを使う場合の空気圧」について考えてみます。

「23Cより1-2気圧下げる」と快適

「23C」のロードバイクだと、空気圧はどのくらい?

もちろん個人差があるでしょうが・・・
だいたい7-9気圧くらいなのではないかと思います。

23Cの場合、これより低いと潰れてパンクしてしまいかねないですし、
これより高いとさすがに、カチカチになりすぎて走りにくくなるはずです。

 

では、28Cの場合はどう?

 

・・・その前にひとつなのですが、
タイヤの空気圧は普通、太いタイヤであればあるほど、下げるものです。

 

例えばロードバイクの2倍以上の幅がある、マウンテンバイクのタイヤだと、
空気圧は2気圧とかいう、ロードバイクより圧倒的に低いものになります。

もう、ぽよんぽよん跳ねるくらいの低さですね。

しかし大幅に太いタイヤの場合は、そのくらい大幅に空気圧を下げるほうが、
グリップ力をしっかり稼げたり、駆動力が高かったりして、有利になりやすいのです。

 

では・・28Cという「すこし太いタイヤ」だと、どのくらいがバランスがいいの?

・・5-7気圧くらいだな、と思います。

 

私自身、ロードバイクやクロスバイクに28Cを履かせて使うことは、多いです。

そしてこのくらいの太めのタイヤだと、そのくらいの空気圧にしてあげると・・

カチカチになりすぎず、もちもちとグリップしますし、
しかも走りの抵抗もあまり変わらず、最低限の力でシャーっと走ってくれます。

 

太めのタイヤで、23Cと同じ「7-9気圧」くらいにするとどうなるか?

個人的な感想にはなりますが、
大幅に走りにくくなります。

 

そもそも基本的に「太くて硬いタイヤ」は、走りにくいものです。

細いタイヤだとできるだけ走行抵抗を上げずに、軽い力ですべるように走ると走りやすく、
逆に太いタイヤだとグリップ力を重視し、駆動力(トラクション)を上げて走るほうが走りやすい・・

と、これまでいろいろ試してきた限りだと、思います。

 

なので23Cよりすこし太めの、28Cくらいのタイヤを使う場合は、
すこし低めの5-7気圧くらいを使うのがいいな、というのが自分としての結論です。

 

もちろん個人差がでてくるところでしょうし、結局は自分で試行錯誤して、自分で決めるしかないところですが・・

太めのタイヤを使うときの参考になれば、と思います。

 

今回は28Cの空気圧についてお話ししてみました。

 

関連記事
23Cから32Cまで、さまざまな太さのタイヤのメリット・デメリットを、実際に使い比べた経験から解説しています。

 

自転車用タイヤ・チューブに関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ